検索
menu

ホーム > 企業情報 > 事業紹介 > アイケア

About Us English

アイケア

トプコンは70年近くにわたりアイケア分野の、主に「検査」「診断」「治療」領域で、人々の眼の健康に貢献してきました。現在、世界では人口増加と共に高齢化が急速に進展し、3大眼疾患の増加、医療コストの高騰、医師不足など様々な問題が発生しています。トプコンは、これらの課題を解決すべく、その領域を「健診/スクリーニング」「予後管理」に拡大し、ICTを活用して早期発見・早期治療、地域医療連携や遠隔診断を実現することにより総合的な医療費の削減を目指しています。トプコンは、健康で快適な生活を持続するために、未来へ向けた新たな仕組み作りへ全力で取り組んでいます。

アイケア事業領域-検査・診断・治療から健診/スクリーニング・予後管理へ

眼科機器

眼科機器イメージ

情報端末の長時間使用と高齢化の進展などに伴い、視力の低下や眼病を患う方が世界規模で増加しています。特に眼の三大疾患といわれる「緑内障」、「糖尿病網膜症」、「加齢黄斑変性」は失明につながるおそれもあり、早期発見・早期治療が重要です。また、眼底は体内で血管を直接観察できる唯一の部位であり、動脈硬化や高血圧等、生活習慣病の検査としても有効です。快適な生活や健康を維持するために、眼の検査の重要性が高まっています。当社は先進の機器により高度な検査・診断・治療をサポートし、早期発見・早期治療に貢献しています。

ネットワークソリューション

眼科医療ネットワーク-病院外の施設とも連携

病院の診療科目の中でも、特に眼科は検査項目が多く膨大な画像データ・検査データが発生し、診療形態も複雑です。トプコンは、さまざまな検査・診断機器のデータ及び画像を一元管理する「眼科診療支援システム IMAGEnetTM」や、受付から会計まで一貫したスムーズな診療業務をサポートする「電子カルテシステム」など、先進のITソリューションを提供しています。また、大病院や大学病院における総合院内システム(HIS)とのスムーズな連携も実現し、今後は地域医療ネットワークにも貢献していきます。

眼鏡店向機器

眼鏡店向機器イメージトプコンは、眼鏡店のお客様それぞれに応じた実生活のシーンで、見え具合のシミュレーションができる視力測定システムを開発。快適な見え具合をお客様に提供する眼鏡店をお手伝いします。また視力測定のコンサルティング支援に加えて、ファッショナブルなフレームにフィットする仕上げが可能なレンズ加工機器を提供し、お客様と眼鏡店のいずれにもご満足いただいています。