検索
menu

ホーム > 企業情報 > 事業紹介 > スマートインフラ

About Us English

スマートインフラ

スマートインフラ

創業以来培ってきたトプコンの光学技術をベースに、最先端のGPS技術、レーザー技術、画像解析技術を融合し、世界を牽引する革新的なポジショニング製品を提供します。
また、主要市場である新興国市場においては、大規模なインフラ投資が多数計画されており、大きなビジネスチャンスが期待できます。



測量・建設

測量イメージ

土木・建築分野の作業は、土地の測量から始まります。トプコンは角度を測るセオドライト、高さを測るレベルなど創業当初から光学技術を礎とした測量機器の発展に取組んできました。また、時代と共に多機能・多用途な測量機が求められる中、革新的な技術を開発して幅広いラインナップのトータルステーションを上市してきました。トプコンの測量機は、豊かで先進的な生活のための社会インフラ整備に貢献していきます。

  • トータルステーションの詳しい製品紹介 TOPCON  SOKKIA

  • レーザー製品の詳しい紹介  TOPCON  

  • セオドライト/レベルの詳しい製品紹介  TOPCON  SOKKIA
関連情報:TSshield TOPCON  SOKKIA

3D計測

3D計測イメージ

年々拡大する建築・構造物の維持・管理・メンテナンス事業においては、3次元のデジタルデータの活用が注目されています。

トプコンは、非接触で高精度な3次元データを高速に取得できる3次元レーザースキャナー、走行路線周辺の3次元データを取得できるモバイルマッピングシステム、更にはUASによる空撮画像を取り揃え、空から・地上から・移動する車輌からと様々な角度から取得した高精度・高密度な3次元データと画像解析技術により、道路の維持・補修、河川・ダム・堤防計測、災害や事故調査、遺跡や歴史的建築物の補修・デジタルデータ化など様々な用途に活用可能なソリューションを提供しています。また、これらを今後拡大が予想されるインフラ老朽化対策へ適用することにより、構造物の維持・管理の効率化、長寿命化を実現し、安全・安全な持続的な社会の実現を目指します。

  • 3Dレーザースキャナーの詳しい製品紹介 TOPCON 

  • モバイルサーベイシステムの詳しい情報 TOPCON

  • 3D計測ガイド[6,549KB]



トプコンのi-Construction

2016年度より国土交通省は、建設現場での生産性向上と労働力不足への対応を目的として、3次元データによるICTを活用した取組みである「i-Construction」を推進しています。
トプコンのソリューションは、測量から設計、施工、検査まで全ての工程をカバーしており、生産性の向上をサポートします。


※ i-Constructionは、国土交通省国土技術政策総合研究所の登録商標です。