検索
menu

ホーム > 企業情報 > CSR (社会・環境活動) > 人権

About Us English

人権

トプコングループはTOPCON WAYにおいて、国際・地域社会の一員として、人権・環境・労働・腐敗防止のグローバル基準を尊重し、持続可能な市場の構築に寄与することを定めています。中でも、人権においては、雇用及び業務ついて公平な機会を社員に提供することを旨としており、職場における差別を認めず、事業活動において個人情報を適切に扱うことを定めています。

人間の尊重(人権の尊重)

トプコングループは、多様性に富んだ社員で構成されるグローバルカンパニーであり、人間尊重の立場に立って、個人の多様な価値観を認め、基本的人権、人格、個性を尊重し、全ての個人が尊重される職場環境の維持に努めています。
われわれは、雇用及び業務について、公平な機会を社員に提供するため、職場における差別を認めず、全ての社員、求職者、お客様、サプライヤーを尊重し、人種、宗教、性別、国籍、年齢、身体・精神障がい、性的指向等に基づく差別的取り扱いを行わないことを定めています。また、安全な職場環境を提供し、以下の嫌がらせなどを認めないこととしています。

  • 社員、サプライヤー、販売員、お客様や来訪者等が個々の人格・特徴に関して威圧的、侮辱的、虐待的、攻撃的または敵対的な態度をとること
  • 他の者を不快にさせる性的な言動をとること、性的な行為を要求すること
  • 会社や社員等に対して損害を与える行為、職場の秩序を乱し、社員等の業務遂行に支障を与える行為


また、われわれは、安心、安全な職場環境を提供し、職場での暴力、脅迫行為を認めず、身体的な暴力・行為だけでなく、威圧的で社内秩序を乱す行為、脅迫的な言葉の使用も認めません。さらに、われわれは、児童労働、強制労働についても認めないことを定めています。

個人情報

トプコングループは、個人情報保護に関する基本方針を定め、事業活動における個人情報を尊重し、その保護に努めています。ここでの「個人情報」とは、社員等がその業務遂行過程において取り扱うお客様、取引先等の役職員、求人応募者及び社員等その他個人に関する情報で、当該個人を識別することを可能にする情報であり、社員等は、関連する国・地域ごとに適用される法令に基づき、適切かつ公正な方法で個人情報を収集、管理、活用することとしています。

内部通報制度

トプコンでは、2006年から内部通報制度を設け、リスク・コンプライアンス情報(法令や社内規定で禁止されている行為、社会通念に反する行為、もしくは、その疑いがある行為などの情報)の早期発見とその是正に努めています。これは職制を通じたルートとは別に、電子メールや電話などにより直接担当部門(経営監査室)に連絡できる制度です。
2006年からの通報累計は9件です。経営監査室では、年間を通じ制度の周知徹底や相談しやすい企業風土・文化の醸成に努めています。また、国内グループ会社は全9社、海外グループ会社は24社がそれぞれ同制度を設けるなど、毎年制度の整備を拡大し、グループ一丸となってコンプライアンス経営を推進しています。


「CSR (社会・環境活動)」トップページに戻る

「トプコンレポート」トップページへ