検索
menu

ホーム > 企業情報 > トプコンの歩み > 2004~2011年

About Us English

トプコンの歩み

1932年9月陸軍省の要請で、服部時計店精工舎の測量機部門を主体に勝間光学機械製作所のレンズ工場施設を買収して設立。1989年、東京光学機械株式会社から株式会社トプコンに社名を変更。測量・GPSシステム製品、眼科向け医用機器を中心とした総合精密機器メーカーとして現在に至ります。

1932~1967年 1968~1982年 1983~1993年
1994~2003年 2004~2011年 2012年~

2004年~2011年 独創的な商品の開発と新規事業の開拓により更なる発展を目指す

2004年 2月 中国北京市に北京拓普康商貿有限公司との合弁により拓普康(北京)科技有限公司(現、拓普康(北京)科技発展有限公司)を設立
2005年 7月 欧州における販売子会社の再編を行い、Topcon Europe B.V.を持株会社として医用機器(Topcon Europe Medical B.V.)と測量機器(Topcon Europe Positioning B.V.)の事業分野別子会社を設立
2005年 7月 HOYA(株)ビジョンケアカンパニーの国内における眼鏡機器部門の一部を譲り受け、眼鏡事業の拡充を図る
2005年 9月 投資者層の拡大と流動性などを目的に、株式の売買単位変更(1単元の株式数を1,000株から100株に変更)
2005年 イントレイチップ外観検査装置 Vi-3100 発売
トレイに詰まったICチップを非接触フルオートで高精度検査(第36回機械工業デザイン賞 日本ロボット工業会賞受賞)
2006年 4月 株式分割(1株を2株に) 発行済株式総数 92,688,342株
2006年 6月 3次元眼底像撮影装置 3D OCT-1000 発売
世界初、OCT(光干渉断層計)と無散瞳眼底カメラを融合。眼底像撮影と断層像撮影を同時に行い、診断に必要な部位を正確に撮影。
(2007年 日経優秀製品・サービス賞 日経産業新聞賞 優秀賞受賞、第37回機械工業デザイン賞 経済産業大臣賞受賞)3次元眼底像撮影装置 3D OCT-1000
2006年 8月 ANKA Systems, Inc.を買収、米国における眼科ネットワークビジネスに本格参入
2006年10月 TPS Australia Holdings, Pty. Ltd.設立、オーストラリアのKEE Technologies Pty Ltdを買収しアグリカルチャー分野に参入
2006年 超低輝度分光放射計 SR-UL1 発売
業界初、分光測光方式で黒(超低輝度)測定を実現。FPDのハイコントラスト測定が可能に。(2007年第12回アドバンスト ディスプレイ オブ ザ イヤー グランプリ受賞(検査・リペア・測定部門))超低輝度分光放射計 SR-UL1
2007年 5月 移動体制御(ナビゲーション、ITS等)分野へ参入
2008年 2月 ポジショニングビジネスの国際市場での競争力強化を図るため、株式会社ソキアに対しTOBを実施し、子会社とした
2008年 6月 平成20年度全国発明表彰で「時間差の高分解能測定の発明」が日本商工会議所会頭発明賞受賞
2008年 8月 アメリカのVoxis社を買収し、計測市場へ参入
2008年 3Dレーザースキャナー GLS-1000 発売
国産初、測量・土木市場向け3次元レーザースキャナー。操作パネル、メモリ、バッテリを内蔵したスタンドアロン型で作業効率を向上。3Dレーザースキャナー GLS-1000
2009年 3月 大阪証券取引所への上場を廃止
2009年 4月 平成21年度科学技術分野の文部科学大臣賞表彰で「連続パルスの時間差の高分解能測定による光測距装置の開発」が科学技術賞(開発部門)受賞
2009年 6月 移動体情報通信システムやマシンコントロール、IT農業市場での事業強化を図るため、イタリアの無線通信機器メーカー DESTURA s.r.l.の株式を取得
2009年 モバイルサーベイシステム IP-S2 発売
車両に搭載し走行するだけで路線の正確な位置データ、周辺の連続画像とカラー3次元点群データを取得モバイルサーベイシステム IP-S2
2009年10月 カナダに3次元検査装置の開発・設計会社Topcon 3D Inspection Laboratories, Incを設立。3次元計測分野及びハイエンドのプリント基板分野へ参入
2010年 7月 新興国市場の生産拠点として、中国製造子会社を拡充、拓普康(北京)科技発展有限公司を設立
2010年 7月 シンガポールにおける販売子会社を再編、持株会社としてTopcon Singapore Holdings Pte. Ltd.を設立。ポジショニングとアイケアの販売統括会社をそれぞれ新設
2010年 8月 アメリカのOPTIMEDICA社より網膜及び緑内障治療用レーザ光凝固装置に係るビジネスを買収し、Topcon Medical Laser Systems, Inc.を設立。レーザ治療器分野へ本格参入
2011年 1月 ポジショニング事業の中東・アフリカ地域における事業拡大を図るため、UAE・ドバイにTopcon Positioning Middle East and Africa FZEを設立
2011年 4月 「TOPCON WAY」制定
2011年 オートジャイロステーション GYRO X 発売
周辺の環境に制約を受けず自動で真北測定が可能にオートジャイロステーション GYRO X
2011年 眼科用レーザ光凝固装置 PASCAL Streamline 発売
独自のマルチスポット同時照射技術で低侵襲かつ飛躍的な手術時間の短縮を実現眼科用レーザ光凝固装置 PASCAL Streamline