検索
menu

ホーム > アイケア > 製品情報 > 検査機器 > ウェーブフロントアナライザー > ウェーブフロントアナライザー KR-1W

Eye Care English

ウェーブフロントアナライザー KR-1W


  • 眼に関わるさまざまな屈折力情報を多彩なマップで提示
  • 眼内レンズ選択時にお役立ていただける角膜屈折力情報を提示
  • 患者さんの眼にやさしい近赤外光で角膜形状を測定
  • 明所/暗所での瞳孔径計測および、見え方評価のための情報を提示
  • 左右フルオート測定、10.4インチタッチパネルで簡単操作

多様なシーンで最良の判断をするために

トプコンウェーブフロントアナライザーKR-1Wは、従来のレフラクトメータ/ケラトメータに加え、ハルトマン・シャックセンサーから得られる眼球収差情報と、トポグラファーの機能から得られる角膜収差情報により、角膜疾患、初期白内障の患者さんの他覚的な見え方の評価、IOL選択時のサポート、明所・暗所での瞳孔径解析などに有用なデータをご提供する多機能型屈折検眼装置です。眼の見え方に関してさまざまな角度から解析を行うことで、日々進化する先端眼科診療のニーズに対応いたします。

マルチマップ - 初診の場合 -

角膜屈折と眼球屈折の高次収差を比べることで、高次収差が、角膜もしくは内部(水晶体、硝子体、網膜)のどちらに起因するかを判断することが可能です。角膜Axial Power マップは従来のトポグラフィー機能を有しています。 眼球全収差マップでは裸眼での全屈折状態を表示します。高次収差マップでは、眼鏡などで屈折矯正ができない角膜、および眼球の高次収差成分を表示します。また、ランドルト環シミュレーションでは屈折矯正後の患者さんの見え方をシミュレーションしています(瞳孔径4mm)。
実際の見え方とは異なる場合があります。

IOLセレクションマップ - IOLを検討する場合 -

患者さんに最適なIOL種類選択を行う場合に最適なパラメーターを提示します。

連続測定表示(サマリーマップ)- 連続的な見え方の評価を行う場合 -

測定した回数分(最大10 回)の眼球高次収差、およびランドルト環シミュレーションを表示します。
これにより連続的な見え方の評価を行うことが可能です。

瞳孔測定マップ - 明所/暗所での見え方の評価を行う場合 -

眼鏡処方、多焦点眼内レンズ適応、角膜屈折矯正手術適応を検討する場合において、瞳孔径の大きさの評価が可能です。 また、明所(瞳孔径小)・暗所(瞳孔径大)での眼球高次収差、レフデータなどを算出します。

spec

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerはアドビシステムズ社より無償配布されています。


カタログをダウンロードいただく場合は、当社の定める「個人情報の取扱いについて」へご同意いただくことが必要です。

当ウェブサイトは医療従事者向けの情報を一部含んでおります。

製品情報ページご利用のご注意

この先は、日本国内の医療関係者(医師・検査技師など)の方を対象に、当社製品に関する情報を提供する事を目的としたページです。

国外の医療関係者および一般の方への情報提供を目的としたものではありませんので、閲覧はご遠慮くださいますようお願い致します。

あなたは日本国内の医療関係者ですか?

はい
いいえ
「いいえ」をクリックするとアイケアトップに戻ります。ご了承ください。