検索
menu

ホーム > 投資家情報 > 個人投資家の皆様へ > トプコンの事業 > アイケアビジネス

個人投資家の皆様へ

人間は外界からの情報の80%を視覚に依存しているといわれています。トプコンは、この視覚を快適に保つため、眼科分野の検査・診断・治療に用いる装置やシステムを提供、広く"眼"をキーワードとした健康分野に貢献しています。
世界的な高齢化の進展により眼の健康を損なう病気への不安が増加しています。当社は生活習慣病健診など予防医療分野から患者にやさしい治療器の開発など治療分野から予防、予後管理分野にも積極的に取り組んでいます。

アイケアビジネス

主な製品

医:ヘルスケア
①オートケラトレフラクトメータ
オートケラトレフラクトメータ KR-1

メガネやコンタクトの処方などの視力検査に用いられる装置で、近視・遠視・乱視の度数を測定する他、角膜の形状を測定します。

KR-1は、両眼をボタン一つ、フルオートで測定できます。

②スリットランプ
スリットランプ

"眼科の聴診器"といわれ、まつ毛から角膜や水晶体など眼全体を診察するための顕微鏡です。

高い世界シェアを維持しています。

③眼底カメラ
眼底カメラ TRC-NW400

眼の奥の網膜などを撮影する装置です。眼底は身体の中で唯一直接血管を観察できるため、緑内障、加齢黄斑変性、糖尿病網膜症などの眼疾患の他、動脈硬化や糖尿病など生活習慣病の検査にも使用されます。

高い世界シェアを維持しています。

用語解説:眼底カメラ散瞳/無散瞳

④3次元眼底像撮影装置(3D OCT)
3D OCT

眼底カメラとOCT(光干渉断層計-赤外線を用い反射光の情報を元に断層を画像化する)を融合した装置で、網膜などの断層を3次元の立体画像により診断できる装置で、様々な眼疾患の早期発見、診断を行うことができます。

高い世界シェアを維持しています。
フルオート測定機や眼底深部まで高速で撮影可能な装置など用途にあわせラインナップしています。

トプコンを支える技術:OCT

⑤手術用顕微鏡
手術用顕微鏡 OMS-800 OFFISS

眼科手術を行う時に使用する顕微鏡で、OMS-800 OFFISSは、明るく鮮明な視野と独自開発の照明装置で硝子体手術などを安全に短時間で行えます。

⑥レーザ光凝固装置
レーザ光凝固装置 PASCAL

網膜にレーザを照射して治療する装置で、糖尿病網膜症や黄斑浮腫、網膜剥離の治療等に使用されます。 PASCALシリーズは短時間で多数のスポット照射が行え、痛みも軽減できる患者にやさしい治療器です。

トプコンを支える技術:レーザ光凝固装置

⑦検眼システム
検眼システム

視力の測定、レンズの実際の見え具合を確認し、最適なレンズ選びを支援するシステムです。

目のしくみ

ネットワークソリューション

ネットワークソリューション

病院内の様々な診療科目の中でも、特に眼科は検査項目が多く、膨大な画像データ・検査データが発生するとともに、診療形態も複雑です。情報化の進展に伴い、トプコンでは他社に先駆けて眼科医療のIT化に取り組み画像ファイリングシステムを開発し、数々の大学病院やクリニックに導入されてきました。今後は眼科のみならず病院内の情報ネットワークとの連携や、クラウドを利用することにより地域医療ネットワークとの連携にも注力していきます。

"Healthcare through the eye"をキーワードに、クラウドを活用した遠隔スクリーニングシステムにより、高齢化による患者数増大や医師不足、高騰する医療費などの問題に取り組み、眼を通じてヘルスケアに貢献します。