検索
menu

ホーム > 投資家情報 > 個人投資家の皆様へ > トプコンの成長戦略

個人投資家の皆様へ

"アウラ"のご紹介

他社よりも早く差異化技術の開発を行い、グローバルNo.1の技術をもって破壊的イノベーションを起こし、新規事業を開拓することで当社グループを成長させます。

トプコンのビジョン

医・食・住の成長市場において社会的課題を解決し事業を拡大します

当社は、TOPCON WAYに掲げる『「医・食・住」に関する社会的課題を解決し、豊かな社会づくりに貢献します』の経営理念のもと、"医"(Healthcare)=眼科医療分野、"食" (Agriculture)=IT農業分野、"住"(Infrastructure)=ICT自動化施工・インフラ整備等の事業領域において社会的課題を当社のソリューションで解決し、事業の拡大に努めます。

第二次中計基本戦略

当社グループは、2016年4月に、2018年度を最終年度とする第二次中期経営計画を策定しました。

成長戦略を加速!!新たなステージへ


戦略1:経営体質の強化
スマートインフラ及びアイケアをカンパニーから事業制に再編し、技術・生産・営業の機能別体制による全体最適化で経営効率の向上を図り、経営効率の改善としてM&Aにより増加した拠点の統廃合を実施します。また、普及製品に対する原価低減を進め、営業利益の改善と営業キャッシュフローを改善します。
戦略2:成長事業の推進

・ポジショニング・カンパニー:

ICT自動化施工・IT農業の拡大

・スマートインフラ事業:

基盤事業の強化と成長事業の開拓

・アイケア事業:

眼科電子カルテ、遠隔診断ビジネス参入

戦略3:課金ビジネスモデルの創出
現在の売り切り型ビジネスモデルに加え、ICT自動化施工、IT農業、アイケア事業と医・食・住の全ての事業領域において課金ビジネスモデルを創出していきます。

ROE20%を目指します。