検索
menu

ホーム > 投資家情報 > 個人投資家の皆様へ > トプコンを支える技術 > GNSS測位

個人投資家の皆様へ

GNSS?GPS?何が違うの?

GPSは米国によって運用される衛星測位システムのことです。

Global Positioning Systemの頭文字をとって、GPS(全地球測位システム)と呼ばれています。

GPSを活用した身近な機器はカーナビゲーションシステムが知られています。

実は衛星測位システムはアメリカだけでなく、ロシアのGLONASSや欧州のGALILEO、中国の北斗なども存在します。最近では日本の準天頂衛星システムも同じ仲間です。

それら衛星測位システムの総称がGNSS(Global Navigation Satellite System):全地球航法衛星システムと呼びます。

衛星を用いた測量はGPS測量と呼ばれていましたが、2011年4月からはGNSS測量が正式に用いられることになりました。

GNSS測位

衛星測位では少なくとも4機以上の電波を受信する必要があります。衛星電波はビル等の障害物によって阻害されやすく3機以下になると位置測定が不可能になります。そのため、GPSだけでなく、他の衛星からの電波を受信できる事は大きなメリットです。当社のGNSS受信機はGPSだけでなく、GLONASS、GALILEO、北斗、準天頂衛星など多衛星からの電波が受信可能なハイブリッドタイプです。

GPS

GNSS測位(測量)

カーナビゲーションは単独測位と呼ばれ、1つの受信機で同時に4個以上の衛星からの電波を受信し、各衛星からの距離を算出して測位しています。しかしながら、様々な誤差要因(例えば大気圏における伝搬遅延)によって精度は数メートル~数十メートルに及びます。

単独測位

それに対して、測量のように精度を求められる場合、相対測位という測位方式が利用されます。未知の点と、既に位置の分かっている点(既知点)の2か所にGNSS受信機を設置し同時に同じ衛星からの電波を受信します。これにより、大気圏や電離層で発生する伝搬遅延といった受信機間の誤差要因を打ち消し合うことができ、精度は数cmと高精度測位が可能です。

相対測位

更にこれを発展させたネットワーク型RTK測位法と呼ばれる、固定局からの補正信号を受信することによって当社のGNSSはmm単位、移動体であってもcm単位での位置精度を出すことができます。この技術を応用したのがマシンコントロールシステムです。