検索
menu

ホーム > 投資家情報 > 個人投資家の皆様へ > トプコンを支える技術 > 情報化施工

個人投資家の皆様へ

情報化施工とは

情報化施工とは、情報化技術を建設施工に適用して、多様な情報の活用を図ることにより、施工の合理化をはかる生産システムです。データコレクタやPC等に3次元設計データを入れ、そのデータを現場で直接使用する事により、ミスの少ない高効率な現場作業を実現します。

調査・設計、施工、検査、管理段階も含めた一連の流れの中での建設事業の効率化が期待されています。

現在では「TS・GPSを用いた盛土の締め固め管理」、「施工管理情報を搭載できるトータルステーションを用いた出来形管理」のマニュアル案等が作成され、運用が始まっています。

マシンコントロールシステム

正確な位置情報と建設機械の自動化技術、この二つの技術にトプコンはいち早く目をつけ、進化を続けてきました。情報化施工技術を搭載した建設機械は3次元設計データをそのまま活用できるため、従来必要であった丁張りや作業中の測量等が大幅に削減できます。効率的な施工が可能となるため費用や工数も削減できます。

ここでは一例として情報化施工対応化したブルドーザー、3D-MCシステムを紹介します。

・3D-MC2

新開発のMC2センサーにより、高速走行で高精度な排土板制御が可能です。

・mmGPS

mmGPSは高精度に排土板の高さを自動制御できるシステムです。
GNSSの苦手とした高さ精度を提供します。