検索
menu

ホーム > 投資家情報 > 個人投資家の皆様へ > トプコンを支える技術 > 眼光学

個人投資家の皆様へ

眼の仕組み

「百聞は一見にしかず」と言われるように、眼を通じて得られる情報は私たちの生活に欠かせません。眼の健康を第一に考え、トプコンは眼科検査・診断装置を開発してきました。

眼の構造はカメラに例えると分かりやすいと言われています。

目の構造

カメラも長年使っていると故障するように、眼も色々な病気を発症します。日々の検査はもちろんのこと、眼疾患の早期発見・治療を行うことが大切です。

色々な目の検査、目の病気

視力検査

もっともポピュラーな検査です。

5m離れたところからランドルト環や文字の並んだ視力検査表を片目ずつで見て、どの大きさまで見えるかを調べます。

視力検査では水晶体の屈折異常(近視や乱視)のみで、他の眼疾患は分かりません。

視力検査

屈折検査

目に入った光は角膜と水晶体で屈折し網膜上で結像します。この屈折に異常があると、近視や遠視、乱視などの屈折異常を起こします。

レフラクトメータ(眼屈折計、屈折率測定器)は測定用指標を赤外光を用いて眼底に投影し、投影像の高さを検出することで眼屈折力を測定します。

Image

スリットランプ顕微鏡検査

スリットランプ=細隙灯(さいげきとう)と呼ばれ、細く絞った光の束を目に照射し、拡大鏡で眼内を詳しく調べる検査です。結膜、角膜、前房水、虹彩、瞳孔、水晶体、硝子体、網膜など、目のほとんど部分の精密検査ができます。この検査で、各部の傷や炎症の有無、緑内障、白内障など、多くの目の病気が診断できます。

Image

眼圧検査

眼圧を測定する検査で、主に緑内障の発見や診断のために行われる検査です。

眼球に瞬間的に空気を吹き付け、角膜のへこみ具合から眼圧を調べる方法です。

Image

空気を吹き付けて、角膜が水平になった時の圧力を測定。
通常の角膜と水平時の角膜の距離はレンズとセンサーによって測定している。

Image

眼底検査

瞳孔から眼球の奥(眼底)をのぞき、硝子体の奥の網膜、脈絡膜、視神経の状態を観察する検査です。トプコンではデジタルカメラを用いて高精度な眼底像を取得します。

Image