検索
menu

ホーム > 投資家情報 > IRライブラリー > 決算短信・決算情報 > 2001年度 > 業績予想の修正に関するお知らせ

IR English

決算短信・決算情報

業績予想の修正に関するお知らせ

平成14年4月12日

各 位

会社名: 株式会社トプコン
代表者名:
 取締役社長 鹿毛 創一郎
コード番号: 7732
問合せ先:
 専務取締役
総務・経理グループ統括
神 原 隆 史
TEL: (03) 3558 - 2536

平成14年3月期業績予想の修正に関するお知らせ

最近の業績の動向を踏まえ、平成14年2月15日に公表致しました業績予想を、下記の通り、修正致しますのでお知らせ致します。

1. 14年3月期業績[連結]予想数値の修正
(平成13年4月1日~平成14年3月31日)

14年3月期の予想数値[連結]

2. 14年3月期業績[単独]予想数値の修正
(平成13年4月1日~平成14年3月31日)

14年3月期の予想数値[単独]

3. 理由

[連結]業績

売上高・経常利益については、前回発表予想と殆ど変化が無いが、当期純利益は前回発表予想値より△1,200百万円悪化して、△3,000百万円の赤字となる見込み。
これは、主として、特別損失に次の2項目を追加計上することに因る。

1. 株式市場が流動的であるとして前回予想の発表時には業績予想に含めなかった「投資有価証券評価損」(金融機関や主要取引先との持合株式の減損)=△800百万円

2. 当社の海外関係会社が訴訟当事者となっている海外での訴訟に関して、未だ、判決が出るには至っていないものの、近い将来に於いて予想される賠償あるいは和解等への対応の為の、引当金繰入損=△800百万円

[単独]業績

[連結]とほぼ同じで、売上高は前回と同一、経常利益は100百万円の改善と大きな変化は無いが、当期純利益は、前回発表より△400百万円悪化して、△1,800百万円の赤字となる見込み。
これは、特別損失に、「投資有価証券評価損」(金融機関や主要取引先との持合株式の減損)=△800百万円を計上することに因る。
(前回予想の発表時には、株式市場が流動的である為に、業績予想に含めなかった。その旨は、当時、注記した。)

以 上