検索
menu

ホーム > 投資家情報 > 経営情報 > IRポリシー

IR English

IRポリシー

IR活動の目的と基本方針

当社は、全ての株主・投資家の皆様に対して、当社について一層の理解を深めて頂き、当社の価値を正当に評価していただくことを目的としてIR活動を行っています。

そのために、常に誠意を持った対応を心がけ、経営方針や事業戦略、財務内容、将来の計画等を、公平、迅速、正確に、積極的かつ持続的に情報開示を行うことを方針としています。

情報開示の内容

当社は、法令・規則を遵守し、法令・規則によって開示を定められている情報を開示します。

決算資料(四半期毎)等を定期的に公表するほか、開示すべきそれ以外の情報に関しても、当社をご理解いただく上で有用と考えられる場合は積極的に開示します。

情報開示方法

当社が公表する情報は、報道機関等に情報を提供するとともに当社のホームページのIRサイト「投資家情報」にも速やかに掲載します。

また、適時開示規則に該当する重要な情報に関しては、証券取引所が提供している適時開示システム(TD−NET)において開示し、報道機関等に同一情報を提供するとともに当社のホームページのIRサイト「投資家情報」にも速やかに掲載します。

業績予測及び将来の予測に関する事項

当社の発表する業績予想及び将来の見通しに関する事項は、現時点において入手可能な情報から当社経営陣が判断した予測に基づく見通しであり、実際の業績は世界経済の動向、製品需要の動向、為替レートの動向等のさまざまな要素によって変動する可能性があり、記述されている見通しと大きく異なる結果となることがあります。

従いまして、投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。

沈黙期間の設定

当社は決算情報(四半期決算を含む)の漏洩を防ぐために、決算発表予定日前の4週間を「IR活動沈黙期間(クワイエットピリオド)」とし、IR活動を自粛します。

この期間中は、決算内容に関するご質問に対して、コメントや回答を差し控えさせて頂きます。