検索
menu

ホーム > ニュースリリース > GISデータ収集用ハンドヘルドDGNSS受信機GMS-2 Pro

News Releases English

ニュースリリース : 2008年度

GISデータ収集用ハンドヘルドDGNSS受信機GMS-2 Pro

〜離れた場所の座標を測定できるGISデータ収集ツール〜

参考画像 《概 要》
 GIS(地理情報システム)は地図や画像などのさまざまな基盤を結びつけて、利用、管理するシステムです。GISを利用する現場では、対象とする地物や自然的、社会的現象のさまざまな事象の位置や属性情報を収集、記録する必要があります。GMS-2 Proは、従来のGMS-2の画像データ収集のためのデジタルカメラと撮影方向を記録するためのデジタルコンパスに加え、距離計と傾斜計を内蔵したオールインワンタイプのコントローラ一体型GNSS(GPS+GLONASS)受信機です。位置測定、属性入力、画像情報の同時収集に加えて、本機一体で約50mの測定範囲の対象物のオフセット観測を行うことができます。また、衛星補足が困難な森林内や橋の桁下など厳しい観測環境や立ち入りが困難な場所や高所での計測など、これまでにない利便性を発揮します。さらに、オフセット観測と画像取得を同時に行うことにより画像上で対象物の高さや幅を間接的に計測できる画期的なイメージ計測機能を搭載しました。現場での計測時間を大幅な削減、作業効率の大幅な向上が図れます。
 ユニークな機能と特徴をもったGMS-2 Proを利用すれば、これまで以上に多様なGISフィールドで生産性の向上を実現します。

《特 徴》

1. GISのデータ収集に最適 位置情報と属性情報および画像情報を同時に取得できます。
2. 多くの衛星を受信 GPSとGLONASSの信号を同時に受信。上空視界の悪い環境でもより多くの衛星がデータ収集をサポート
3. デジタルカメラ内蔵 2Mピクセルのデジタルカメラを内蔵。地物の情報を画像として残せます。
4. 距離計&デジタルコンパス内蔵 距離計とデジタルコンパスを搭載することでGNSSの測定位置からのオフセット観測に対応。離れた位置の座標を収集可能。
5. イメージ計測  オフセット計測により座標付けされた画像は後から画像上の地物の高さや幅を計測できます。
6. アプリケーション開発環境の提供 OSとしてMicrosoft社製Windows CEを搭載。独自のアプリケーションを開発するための開発環境を提供しています。

《発売時期》 GMS-2 Pro : 2009年3月
《価    格》 オープン