検索
menu

ホーム > ニュースリリース > イタリアの無線通信機器メーカー、Destura社の株式を取得

News Releases English

ニュースリリース : 2009年度

イタリアの無線通信機器メーカー、Destura社の株式を取得

〜無線通信技術の獲得による移動体情報通信システムやマシンコントロール、IT農業等の事業を強化〜

トプコンの米国100%子会社であるトプコン・ポジショニング・システムズ社(以下TPS)は、イタリアの無線通信機器メーカーDestura社(イタリア北部モデナ県)の株式の一部を取得し、今後2014年までに残る全株式を取得します。また併せてDestura社の所有する広大な敷地と建物をトプコン製品の欧州市場でのトレーニング施設及びテストフィールドとして活用する予定です。
Destura社は、移動体情報通信システム、自動車、農業機械等の産業向け電子機器や機械、デバイスのハードウェア、ソフトウェアの開発、製造を行っています。特に、イタリア有料道路の無線課金システムや自動車メーカーのフェラーリ社、マセラティ社のエンジンテスト用コンピュータの開発で知られています。一方でトプコンはこれまでDestura社の最大の取引先でした。
今回の買収により、トプコンは移動体情報通信システムやマシンコントロール、IT農業市場での事業強化を図ります。

【DESTURA s.r.l.概要】
社名:DESTURA s.r.l.
所在地:イタリア Concordia sulla Secchia
事業内容:情報通信システム、無線通信機器等ハードウェア・ソフトウェアの開発及び製造
     建設機械・農業機械用機材・デバイスの開発、製造および販売
主要製品:データマネジメント基板、システム診断用無線インターフェース、無線変換器、
     送受信システム及び周辺機器、自動車・農業機械のエンジン制御デバイス、
     ポータブルナビゲーションデバイス、テレメトリーシステム、高周波アンテナ等

*用語解説
 マシンコントロール :
   GPS等の位置センサーで得られる重機の現在位置と3次元設計データを常に照合し、
   リアルタイムに重機の油圧を制御して設計値通りの施工を行うシステム。
 IT農業 : 
   GPS等の位置センサーで得られる農機の現在位置と農地の土壌情報や生育情報と照合し、
   リアルタイムに肥料や水の散布量をコントロールするシステム。