検索
menu

ホーム > ニュースリリース > 農機用ライトバーガイダンスシステム"System110"の国内販売開始のお知らせ

News Releases English

ニュースリリース : 2009年度

農機用ライトバーガイダンスシステム"System110"の国内販売開始のお知らせ

〜農機の走行ルートをガイダンス。作業効率向上や容易な作業履歴管理を実現します〜

株式会社トプコン(本社:東京都板橋区、取締役社長:横倉 隆)は、農機用ライトバーガイダンスシステムSystem110の国内販売を10月末日より開始いたします。
本システムは、農機に搭載するGPSおよびディスプレイと操作部が一体化したコントロールパネルで構成し、圃場での農機の走行ルートのガイダンス(誘導案内表示)と作業軌跡のマッピングが行える最もベーシックなGPS精密農業システムです。
世界規模での食糧難の時代が予想されるなか、単位作付面積当たりの収穫を増やすために様々な取組みがなされています。豪州や米国など農業先進国では圃場マップをデータベースとした農機のコントロールおよびガイダンスを行う精密農業が普及しつつあります。国内においても近年、農業に対する考え方が大きく変わってきており、農業ビジネスとしての生産性向上やトレーサビリティー管理による食の安全性向上が求められています。精密農業の導入は、作業効率の向上や作業の履歴管理が簡単に行えるというメリットを得ることができます。本システムを農機に装着のうえ走行すると、リアルタイムにガイダンス表示します。これにより作業範囲のオーバーラップや作業漏れなどの無駄を最小限にすることができます。また、繁忙期の夜間作業では視界の悪さゆえ作業痕の確認も困難ですが、ガイダンスを利用することにより、夜間作業の負担が大幅に軽減され作業効率向上が図れます。さらに、作業履歴データを利用することで、作業の進捗管理やトレーサビリティー管理にも活用できます。
経営規模や耕地面積が大きくなるほど経営の効率化と生産性の向上がより一層大きな課題となりますが、System110はこれまでの経験と勘による農業に新たなソリューションを提供するとともに、シンプルな機能に特化した安価な精密農業製品の提案、提供を通じて精密農業分野の普及および発展に貢献してまいります。

ライトバーガイダンスシステム System110ディスプレイ画面走行イメージ

【特 長】
■ガイダンス表示
●走行すべき圃場の形状に併せてガイダンスを表示します。ガイダンスパターンは作業形態にあわせ選択することが出来ます。ライトバーLED表示やディスプレイに表示されるガイダンスに沿って作業を行うことで、無駄なく、効率良く作業が行えます。
夜間作業においては特に有効です。
■マッピング表示
●作業を行ったエリアの軌跡をマッピングで表示します。作業内容をひと目で確認できます。
■導入しやすい価格
●DGPSの採用や機能を必要最小限に限定することで低価格な精密農業向けGPSガイダンスシステムとしました。
■高い視認性
●ディスプレイは明るい屋外でも見やすい視認性を備えています。また、ライトバーは着脱式を採用しており、見やすい位置に自由に設置できます。
■簡単取付け
●軽量で持ち運びができ、作業環境に対応する堅牢性を備えています。また、作業の内容に応じて他の農機への設置も容易に行える利便性も備えています。オープンキャビンタイプの農機でも取付可能です。
■履歴管理
●走行履歴データの呼び出しができ、作業内容の確認が簡単に行えます。トレーサビリティー管理にも活用できます。

【主なシステム構成】
●GPSアンテナ
●GX-45コントロールユニット

【その他】
発  売    : 2009年10月末日
標準価格   : オープン価格