検索
menu

ホーム > ニュースリリース > 世界初* 偏光液晶視力表で省スペースを実現した「ミラクルチャートMC-4S」を発売

News Releases English

ニュースリリース : 2011年度

世界初* 偏光液晶視力表で省スペースを実現した「ミラクルチャートMC-4S」を発売

~省スペースと豊富な視標表示に加え、3D映像コンテンツも搭載~

 株式会社トプコン(本社:東京都板橋区、取締役社長:内田 憲男)は、視標表示に偏光液晶ディスプレイを搭載し、最短検査距離60cmに対応する視力表「ミラクルチャート MC-4S」を発売いたします。

 自覚視力検査は、通常5m先に表示されている視力検査視標(ランドルト環やひらがな、図形など)の見え具合を検査し視力値を求めますが、この時視標を表示する装置が視力表です。
 MC-4Sは、偏光液晶視力表としては世界で初めて、検査距離60cmでの省スペースにて視力検査を可能にしました。検査に際しては、検眼装置であるコンプビジョンCV-5000とシステムで使用しますが、検査に要する占有床面積が省スペースで済むため、検査室の有効活用に貢献します。

 視標はランドルト環やレッド&グリーンをはじめとした豊富な視標を搭載しています。さらに、映画やTVなど3D映像に触れる機会が増えている今、立体視の具合を確認することができる3Dコンテンツ(動画/静止画)や、日常の生活やビジネスシーン等の画像に照らし合わせて確認できる多様なコンテンツを搭載しています。見え方がバーチャルで確認でき、より詳細な検査が行えます。

*偏光機能搭載の液晶視力表で検査距離60cmを実現。(2011年11月7日現在、当社調べ)

ミラクルチャートMC-4S
ミラクルチャート
MC-4S


検眼装置とのシステムでの検査イメージ
検眼装置とのシステムでの検査イメージ

3D動画コンテンツ(イメージ画像)
3D動画コンテンツ(イメージ画像)

視標(チャート)一覧
視標(チャート)一覧

【主な特長】

  • ランドルト環、レッド&グリーンをはじめとした豊富な「視標」に加え、立体視、乱視、斜位などの検査では、動きが加わるトプコンオリジナルの「アクティブチャート」も装備し、さまざまな測定確認が行えます。
  • 高速道路の運転シーンをイメージした映像ソフト内蔵。走行中の映像を見ながら見え方のイメージ体験を行うことが可能です。
  • 視標やコンテンツの切り替えがスピードアップ(当社従来機比)。スムーズな検査をサポートします。
  • 液晶視力表のため、電球切れの心配が無くメンテナンスの手間がかかりません。


【仕様】

検査距離 :80cmの時5m 相当、 60cmの時4.8m 相当
設置距離 :80cm または60cm
検査視標 :視力値0.03~2.0 の視力検査視標、及び視機能検査視標
寸 法 :440(W)×339(D)×1,330(H)mm 
質 量 :19.5kg
電気的定格:電源電圧:交流100V 周波数:50-60Hz 電源入力:50VA


【その他】

販売名:コンプビジョンCV-5000
医療機器届出番号:13B1X00030CV5000
※MC-4SはCV-5000Sと連動することで作動します。
 MC-4Sはシステム接続専用製品です。販売の際はCV-5000S、KB-50Sと合わせたシステムにて販売致します。
※CV-5000Sはカタログ名です。