検索
menu

ホーム > ニュースリリース > 3次元眼底像撮影装置3D OCT-2000 Element を発売

News Releases English

ニュースリリース : 2012年度

3次元眼底像撮影装置3D OCT-2000 Element を発売

~トプコンOCTのベーシック機能限定モデルを発売、ラインアップをさらに充実~

株式会社トプコン(本社:東京都板橋区、取締役社長:内田憲男)は、3次元眼底像撮影装置3D OCT-2000 Elementを2012年7月に発売します。

3D OCT-2000 Element 当社では、2006年にスペクトラルドメインOCT (3D OCT-1000)を発売し、現在は後継モデル3D OCT-2000 シリーズを全世界に販売しています。新モデル3D OCT-2000 Elementは、眼底断層画像撮影に必要なベーシック機能に限定したエントリーモデルです。(日本国内の販売のみ)。また、カラー眼底撮影、3Dスキャン機能、解析(要PC)など機能を後から追加することも可能です。トプコンOCTシリーズのラインアップを充実させることにより、ユーザー様の選択の幅を広げ、よりニーズにあったモデルをご提供します。

【特 長】

・ベーシックな眼底断層像撮影機能に限定したエントリーモデルです。
・3Dスキャン機能+カラー眼底撮影、および解析機能などを後から追加することも可能です(別売)。

【主な仕様】

眼底断層像観察・撮影
スキャン範囲(眼底上) 横方向3~12 mm縦方向3~9mm
スキャンスピード 50,000 A-scans per/秒
横方向分解能 20μm
深さ方向分解能 6 μm
撮影可能瞳孔径 φ2.5mm以上
電気的定格
電源電圧 交流:100 V 周波数:50-60 Hz
電源入力 通常200VA 最大400VA
寸法・質量
寸法 545 mm(W)×535 mm(D)×600~630mm(H) 
質量 35kg


【その他】

販売名:3次元眼底像撮影装置 3D OCT-2000
医療機器認証番号 :221AABZX00046000
発売時期:平成24年7月