検索
menu

ホーム > ニュースリリース > 宅地造成やインフラ整備などの土木現場で活躍する堅牢・高精度なローテーティングレーザー「RL-200 1S/RL-200 2S」を発売

News Releases English

ニュースリリース : 2012年度

宅地造成やインフラ整備などの土木現場で活躍する堅牢・高精度なローテーティングレーザー「RL-200 1S/RL-200 2S」を発売

株式会社トプコン(本社:東京都板橋区、取締役社長:内田 憲男)は、堅牢・高精度なローテーティングレーザー「RL-200 1S/RL-200 2S」を発売いたしました。

RL-200 1S/2Sは、水平面だけでなく高精度で勾配を設定できる機能を持つローテーティングレーザーです。
宅地造成、圃場整備やインフラ整備などの広域土木工事における均平作業を簡単かつ確実に行えます。
RL-200 1Sは1方向(1軸)、RL-200 2Sは2方向(2軸)の勾配を設定することができます。
本製品は精度7″の高精度(200m先での誤差7mm以内)で、いつでも均一な勾配施工が可能です。(当社従来製品では200m先での誤差は10mm~20mm程度)
また本体と同じ操作性のリモコンRC-400(RL-200 2Sのみ対応)により、離れていても本体の状態の確認および操作が行えます。

ローテーティングレーザー RL-200 1S/RL-200 2S
ローテーティングレーザー RL-200 1S/RL-200 2S


【主な特徴】

◎高精度7″
世界トップクラスの高精度です。いつでも均一な勾配施工が可能です。

◎簡単設置
本体を基準方向に合わせ、勾配値を入力するだけで簡単に設置できます。最大25%の勾配設定が可能で複合勾配(2軸)にも対応しています。
(※2軸勾配対応はRL-200 2Sのみ)

◎用途に応じて選べる2タイプ
RL-200 1Sは1方向(1軸勾配)、RL-200 2Sは2方向(2軸勾配)の勾配を設定することができます。用途に応じてお選びいただくことができます。

◎使用範囲1,100m (レベルセンサーLS-80L使用時)
造成、道路工事、グラウンド整備、農地整備などあらゆる規模の現場で活躍します。

◎長時間稼働
アルカリ乾電池4本使用で100時間使用可能です。
電源は充電式/AC電源/乾電池式の3電源方式となっています。

◎離れていても本体の確認、操作が可能な双方向リモコン
本体と同じ操作性のリモコンRC-400により離れていても本体の操作が行えます。また、本体の状態をリモコンにも表示、使いやすさも抜群です。
※RL-200 2Sのみ対応

1軸勾配設定(RL-200 1S)
1軸勾配設定(RL-200 1S)

2軸勾配設定(RL-200 2S)
2軸勾配設定(RL-200 2S)

ローテーティングレーザー RL-200 1S/ RL-200 2S
ローテーティングレーザー RL-200 1S/ RL-200 2S


【その他】

発売時期: 2013年2月
販売価格: 希望小売価格(税別価格)
RL-200 1S \441,000(\420,000)
RL-200 2S \577,500(\550,000)


ローテーティングレーザー RL-200 1S/RL-200 2S  製品情報ページ