検索
menu

ホーム > ニュースリリース > 世界最高クラスの測距測角性能を備える 新型 3D STATION NET05AXII・NET1AXIIを発売

News Releases English

ニュースリリース : 2013年度

世界最高クラスの測距測角性能を備える 新型 3D STATION NET05AXII・NET1AXIIを発売

3D Station  NET05AXII/NET1AXII 株式会社トプコン(本社:東京都板橋区、取締役社長:平野聡)は、大型構造物の三次元測定や、インフラ設備等の防災、減災を目的とした変位計測(動態変位監視)用の自動測定機としてご好評いただいている3D STATIONをリニューアルした、NET05AXII・NET1AXIIを発売します。新しいNETシリーズでは、世界最高クラスの測距測角性能*はそのままに、耐久性を強化したほか、トータルステーションと同様にクラウドサービスを活用した世界初*のユーザーサポートシステム「TSshield」(ティーエスシールド)を搭載。信頼性を向上した3D STATIONです。
 * 2014年1月、当社調べ。

【主な特長】

◎世界最高クラス*1の超高精度な測距測角システム

世界最高クラスの精度を誇る測距測角システムを搭載*1。反射シートターゲット使用時で(0.5mm+1pppm)の測距精度を200mの長距離まで測距できます*2。また、測角においては独自の測角システム”IACS”により、測角精度0.5”を実現しました*2
 *1 2014年1月、当社調べ
 *2 NET05AXII

◎高精度な自動視準と独自のアルゴリズム

反射プリズムの使用で1”(200mで1mm)という高精度な自動視準が行えます*3。また、反射シートを使用しても4”(1mm@50m、反射シートターゲットRS50N-R使用時)という高精度な自動視準を行うことができます*3
自動視準は、望遠鏡視野内に複数のターゲットがあっても、目標とする位置にもっとも近いターゲットを視準可能な当社独自のアルゴリズムを搭載しています。
 *3 ISO17123-3準拠

◎スキャンサーチ機能

変位計測の初期値取得作業の大幅な効率化が期待できる当社独自の機能です。初期値取りをしたい範囲を指定しスキャニングすることで、ターゲットの位置を自動認識、位置情報を出力します。特に薄暮時や夜間、トンネル坑内などのターゲットを確認しづらい環境での作業や、ターゲット数が膨大な場合での効率アップを図れます。

◎耐環境性能と耐久性を向上

防塵・防水性能を従来機よりワンランクアップし、保護等級IP65と強化しました。クラス最高水準*4の耐環境性能を備え、舞い上がる粉塵や雨の内部への侵入をシャットアウトします。また、-20~+50℃という幅広い温度域で動作可能です。また、光波距離計の機構部分を従来機よりも強化しました。長期間の連続測距にも耐えられる設計となっています。常設の変位計測システムにも安心して組み込むことができます。
 *4 2014年1月、当社調べ

◎安心と安全を提供するTSshield

NETシリーズには、弊社トータルステーションと同様の、クラウドサービスを活用した世界初*5のユーザーサポートシステム「TSshield」を搭載しています。お客様に安心して製品をお使いいただくために、トプコングループではTSshieldを通じ様々なサービスを提供します。
TSshieldはクラウドサービスの特性を生かし、製品の稼働時間などの情報をサーバーに蓄積し、簡単に管理ができます。また、ソフトウェアのアップデートもオンラインで簡単に行うことができ、製品を常に最新の状態で使用することができます。
 *5 2014年1月現在。当社調べ。

◎三次元計測システム「MONMOS」

NETシリーズと三次元計測基本プログラムSDR4000を組み合わせることで、「三次元計測システムMONMOS」を構築します。既知点不要で、測定対象に合わせて座標系を自由に設定でき、サブミリメーター精度の計測が誰にでも容易に行えるシステムです。

3D Station  NET05AXII/NET1AXIIイメージ

【その他】

発売時期:2014年2月
販売価格:本体標準価格オープン価格

3D Station NET05AXII/NET1AXII 製品紹介ページ