検索
menu

ホーム > ポジショニング > TOPCON > 活用事例 TOPCON AT WORK > GNSS > UAEアルワサバプロジェクトGNSS活用事例(GR-3)

Positioning English

UAEアルワサバプロジェクトGNSS活用事例(GR-3)

admac_GR-3_main_J.jpg

ADMAC社のアルワサバプロジェクトはGPSで作業効率がグーンとアップ!

我々はこれまでに我々の仕事によりお客様を満足させることに成功してきたし、これからもそのような信頼を受け続けていくことをお約束していきたいといつも心がけている。それが今日の我々の成功の源である。品質に対しては決して妥協しないというのが我々の信条であり、測量機器についても同様である』アドマック社のチーフサーベイヤー、ナイダルアル シャルカヴィ氏は真摯な眼差しで語った。

ADMAC社はUAEで15のプロジェクトに従事しており、90人以上の測量士とアシスタントを抱える。アブダビにあるプロジェクトの一つに700百万ディルハム(日本円で約190億円)の巨大プロジェクトがある。180キロメーターにも及ぶワサバ地区の上下水道の建設である。

『リーム島のプロジェクトにおいて、GPSを購入する為に上司を説得するのが大変だったよ。だけどもGPSによる結果は思った以上に衝撃的であり、できることなら全ての測量チームがトプコンのGR-3を使うことができたら、とつくづく思うよ。我々のチームがピットの中心線をペグアウトしていて、その直ぐ後に水道管建設チームが続いて仕事をするのに彼らが必要な情報を即座に供給することができるんだよ。』ワサバ地区担当のアドマックのチーフサーベイヤーのオサマ ラシェッド氏は説明してくれた。『GR-3は16m下の掘削現場でも衛星を追跡してフィックスすることができるんだ。驚いたね!建物に接近しても衛星追跡の具合は最高だね。こんなの見たことないよ。現場のコンクリートの上に2度も落としたことがあるけど、全く問題なく使用できるんだよ。』と、最後に内緒話を笑顔でつけ加えた。

admac_GR-3_001_J.jpg
admac_GR-3_002_J.jpg

プロジェクト:水道管建設
ロケーション:アブダビ(ワサバ地区)
使用機種:GNSS受信機 GR-3