検索
menu

ホーム > ポジショニング > TOPCON > 活用事例 TOPCON AT WORK > GNSS > 測量効率が大幅アップするGPS&Total Station(GTS-725/GR-2100)

Positioning English

測量効率が大幅アップするGPS&Total Station(GTS-725/GR-2100)

fibrex_GR-2100_main_J.jpg

「データに互換性があるから、トータルステーションとGPS、両方を使い分けることができた。」

ファイブレックス社様(Fibrex Industrial & Construction Group)は1972年の創業以来、母国UAE(アラブ首長国連邦)及び近隣諸国の建設ブームと共に成長してきた。今ではレバノンとエジプトにも自社のオフィスを持つ、一流の総合建設会社である。同社ではトプコンの測量機器とソフトウェアを使って頂いている。「2年ほど前に、トプコンの新製品デモを見た。その技術力の高さに感銘を受けて、迷わずトータルステーションGTS-725と、GPS受信機GR-2100の導入を決めた。」と、同社のイブラヒム測量主任から選択の背景を教えて頂いた。


1軒や2軒の低層の別荘を建てることは、どんな業者にも難なくできる。しかしそれが、数百・数千という別荘をまとめて建てるとなると、測量の効率と精度が、コストと時間の両面で、大きな違いとなって現れてくる。UAEのベイエリアに建設中の『アル・リーフ・コンプレックス』には、数千の別荘、幾多の中層アパート、あらゆる種類の学校や店舗が、それぞれ独自のデザインとコンセプトで建てられる計画である。 「トプコンの理想的なソリューションが、測量のスピードと精度を飛躍的に高めてくれた。途中で我々は、現場をカバーするRTKネットワークの基準局設置に人手を使ったため、建設作業が一時手薄になったものの、結果として少しの遅れもなく仕事を完遂できた。

あらためてトプコンのRTK-GPSの効果を実感している。」と、イブラヒム氏は語る。また、「トプコンのソフトなら、トータルステーションの測量データをGPS受信機で取得したデータと簡単に統合できる。データに互換性があって、フォーマット変換の必要がないから、一つの現場で、目的に応じてトータルステーションとGPS受信機の両方を使い分けることができた。」と、測量作業効率化の秘訣を語られた。

fibrex_GR-2100_001_J.jpg
fibrex_GR-2100_002_J.jpg




fibrex_GR-2100_003_J.jpg

使用機種:TOTAL STATION GTS-725
     GPS/GNSS 受信機GR-2100