検索
menu

ホーム > ポジショニング > TOPCON > 活用事例 TOPCON AT WORK > トータルステーション > レイアウトナビゲーター活用事例(LN-100)

Positioning English

レイアウトナビゲーター活用事例(LN-100)

ikehara_LN-100_main_J.jpg

LN-100で山間部の測設作業の効率が大幅に向上

池原工業株式会社様は、群馬県東吾妻町に本社を置く、創業100年以上を誇る総合建設業者である。コンクリートやアスファルトなども自社で生産できるほか、これら建設資材の試験まで請け負える技術力がある。そんな同社が、レイアウトナビゲーターLN-100を導入した。

もっと手軽にワンマン測量を行いたい

まずは同社取締役土木部長兼機材部長の田中道臣(たなかみちおみ)様に導入の経緯を伺った。「弊社は、既に自動追尾トータルステーションや画像トータルステーションIS、GNSSを導入しており、ワンマン測量の効率の良さは心得ています。現在所有しているワンマン測量システムは、TS出来形や大きな現場をメインに使用しています。ただし、山間部の現場では軽量なマニュアルタイプのトータルステーションを使っており、作業の効率化が課題でした。そんな折、昨年の展示会で軽量なワンマン測量システムとしてLN-100をご紹介いただきました」。

山間部の作業に絶大の効果

同社土木部第一課課長の金子茂雄(かねこしげお)様に、導入効果を伺った。「使用した現場は山間部の地すべり防止工事で、法面整形やU字溝の設置などのため、多くの測設や丁張りを行うものでした。今までこのような現場は、マニュアルタイプのトータルステーションを使って、プリズムマンを協力会社の作業員にお願いすることが多かったのです。開始前に作業内容やプリズムを立てる場所の説明が必要ですし、指示がうまく伝わらない場面も多く、時間が掛かっていました。その点、LN-100は1人で作業できますから、作業時間は半分になりましたね。
さらに、自分の目で確認しながら測設できますから、作業精度も上がっています。本体が小型軽量、少ない装備でワンマン測量が可能、しかも自動整準だから据えるだけで設置が終わる。今回のような山間部の測量には、非常に便利な機械ですね」。
同課主任の内田圭亮(うちだけいすけ)様は、3次元座標が簡単に扱える事に対しても高く評価している。「この現場は、図面を3D CADで作成しました。高さも座標で管理できるので、LN-100で丁張り設置まで行っています。今回、初めて使用したので、レベルによるチェックを実施しましたが、十分な精度であることが分かりました。今後はLN-100だけで施工できると思います。アプリケーションソフトのTopLayoutも分かりやすくて、3次元座標での施工が、非常に簡単でした」。

LN-100でどんな現場もワンマン測量

最後に、田中取締役からもLN-100の評価と、今後の活用についてお話いただいた。「この現場は工期が短いものでしたから、LN-100による作業時間の短縮は非常に効果的でした。今まではワンマンと言えば、TS出来形や大規模造成でした。
これからは、LN-100で小規模な現場や林道の補助整備などでもワンマンで行えます。太陽光発電施設の造成でも効果がありそうですね。あらゆる現場で作業効率を向上させる体制が構築できましたので、今後が期待できます」。

ikehata_LN-100_001_J.jpg
ikehata_LN-100_002_J.jpg
ikehata_LN-100_003_J.jpg

ユーザー名:池原工業株式会社
URL:http://www.ikehara.co.jp
使用機種:レイアウトナビゲーター LN-100
取材協力:株式会社ソッキテック
URL:http://www.sokitec.co.jp

ikehara_LN-100_004_J.png