検索
menu

ホーム > ポジショニング > TOPCON > 製品情報 > カテゴリ別 > 3Dスキャナー/イメージング > ScanMaster CAD リンク

Positioning English

ScanMaster CAD リンク


ScanMasterの新オプション機能「ScanMaster CAD リンク」


使い慣れたAutoCADの操作はそのままに、GLS-1500で計測したスキャンデータをScanMasterの点群処理機能と組み見合わせることで効率よく作業ができます。

Step.1
ScanMasterとAutoCADの視点の一致

ScanMasterとAutoCADの視点の一致

AutoCADのビューの向きがScanMasterのビューと一致。
 簡単に元の点群画像との比較・確認が可能です。



Step.2
ScanMasterとAutoCADの同期

ScanMasterとAutoCADの同期

ScanMaster上のズームや移動の動きに合わせてAutoCAD上でもズーム/移動が連動。
 リアルタイムな比較・確認に最適です。



Step.3
ScanMasterからAutoCADにオルソ画像の送信
UCS(User Coordinate System)の自動設定

ScanMasterからAutoCADオルソ画像の送信

ScanMasterからAutoCAD上にオルソ画面を送信することができます。その面を基準に新しいX-Y作図画面が設定できます。
 このとき、ScanMaster上で平行投影モードになっていることが必要です。



Step.4
既存オブジェクトの送信


既存オブジェクトの送信

ScanMasterの豊富な機能で作成したオブジェクトデータを簡単  にAutoCAD上へを送信することができます。

・ポイント
・断面
・タイポイント
・スキャン
・ポリライン
・等高線
・スキャンポジション
・点群
・平面
・エッジセット
・メッシュ

*ScanMaster CADリンクは、AutoCAD® 2013まで対応しております。

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerはアドビシステムズ社より無償配布されています。


輸出規制ポリシー