2周波GNSS受信機 HiPer V

2周波GNSS受信機 HiPer V

  • Vanguard TechnologyTM搭載
  • Wi-Fiテザリングにも対応した完全ケーブルレスRTK観測を実現
  • 軽量で頑丈なマグネシウム筐体
  • SD/SDHCメモリカード対応
  • ボイスメッセージ機能搭載
HiPer V

GPS+GLONASSによるハイブリッド測位!Vanguard TechnologyTM搭載

ハイブリッド測位 GNSSボードに先進のテクノロジーを搭載。GPS+GLONASSによる測位能力に磨きをかけました。226chという充実の受信チャンネル数を搭載、さらに準天頂衛星、Galileo衛星*の受信能力も装備、将来の対応を予定しています。
*Galileo衛星については、本格的な商業利用が開始された後に、オプションにて対応予定。

img_Vanguard_Logo.png

完全ケーブルレスRTK観測を実現!送受信小エリア無線を内蔵

簡便にネットワーク型RTKに対応送受信タイプの小エリア無線を内蔵し、固定局・移動局とも 面倒な無線機の設置と接続から解放されます。機動性抜群のRTK観測が実現します(GGDM / GDMタイプ)。
ネットワーク型RTK観測においては、コントローラー(オプション)にWi-Fiテザリング可能なスマートフォンを組み合わせることにより、簡便にネットワーク型RTKに対応させることが可能*です。

*アプリケーション「GNSS統合観測」「RTK移動局観測」使用時。


軽量で頑丈なマグネシウムボディ!

頑丈なマグネシウムボディボディの素材は、衝撃にも強いマグネシウム合金を採用しています。また、防塵防水性能JIS保護等級IP67に準拠していますので、現場環境に左右されず安心して観測が行えます。


SD/SDHCカード対応!長時間スタティック観測でも余裕のメモリー容量

長時間観測可能大容量のSDHCカードにも対応し、長期の出張や長時間の観測、簡易なモニタリングなど大量のスタティックデータ取得の必要がある場合でも安心の大容量のメモリーカードが利用できます

ユーザーフレンドリー!ボイスメッセージ機能搭載

受信機のステータス、例えばバッテリーやメモリー残量など観測に影響のある項目について、日本語によるボイスメッセージで案内します。

日本の測量に最適なアプリケーションソフトウェア(オプション)

アプリケーションソフトウェア
GNSS統合観測
スタティックからRTK、ネットワーク型RTKの全ての観測に対応。
監督さん.V+GNSSオプション
土木現場での施工測量に最適。GNSSとTSの双方に接続でき、簡単に切替可能。
(監督さん.Vからの有償アップグレード対応)
NETIS_gps_product_pages.png

HiPerの主な仕様

HiPerⅡの主な仕様
製品名 HiPer V
タイプ GG GD GGD GDM GGDM
チャンネル数 226ch
GPS L1
GPS L2
GLONASS L1
GLONASS L2
Bluetooth
内蔵無線モデム
GPS L1搬送波:1575.42MHz、L2搬送波:1227.6MHz
C/A コード:1.023Mbps、Pコード:10.23Mbps、L2C:0.5115Mbps
GLONASS L1搬送波:1602+(J×0.5625)MHz
L2搬送波:1246+(J×0.4375)MHz
J=-7~7(チャンネル番号に相当)
C/Aコード:511Kbps Pコード:5.11Mbps
精度(D:測定距離) スタティック
(短縮スタティック含む)
水平:
(3mm+0.8
ppm×D)
m.s.e.
垂直:
(4mm+1.0
ppm×D)
m.s.e.
水平: (3mm+0.5ppm×D) m.s.e.
垂直: (5mm+0.5ppm×D) m.s.e.
リアルタイムキネマティック 水平: (10mm+1.0ppm×D)m.s.e.
垂直: (15mm+1.0ppm×D)m.s.e.
データ更新間隔 1Hz 10Hz(標準)20Hz(オプション)
RTKデータフォーマット RTCMSC104(Ver.2.1,2.2,2.3,3.0,3.1) CMR2/CMR+
NMEA出力フォーマット NMEA(Ver.2.1,2.2,2.3,3.0)
寸法 Ø184×H95mm
質量 1.20kg(バッテリー含む) 1.31kg
(バッテリー含む)
入力電源 DC 6.7~18V
消費電力 4W 4W(無線モデム1W連続送信時:12.1W)
(無線モデム受信時:9.4W)
動作時間※1 BDC70使用時 約7.5時間 約7.5時間
(スタティック観測時)
無線受信時:約6時間
(RTK移動局観測時)
無線発信時:約3.5時間
(RTK固定局観測時)
BT-73Q使用時
(オプション)
約24時間 約24時間
(スタティック観測時)
無線発信時:約10時間
(RTK固定局観測時)
周囲温度 動作:-20℃~+65℃(無線モデム動作時:-20℃~+50℃)、
保存:-45℃~+70℃
耐水性及び耐じん性 JIS C0920-2003 保護等級IP67(耐じん形,防浸形)に準拠
メモリ SD/SDHCカードスロット
入出力ポート 電源ポート、RS232C×1
表示 LED×22
ボイスメッセージ 音声による受信機ステータス案内
Bluetooth規格 V1.1 Class1※2
無線モデム部 無線装置の種類 小エリア(新簡易)無線※3
使用周波数 /
チャンネル
348.5625MHz~
348.800MHz
12.5kHz ステップ / 20チャンネル
空中線電力
(送信出力)
1W / 500mW / 100mW / 10mWの4段階切り替え
伝送速度 2,400bps
国土地理院登録 2級GPS受信機 1級GPS受信機

※1:使用温度20℃、Bluetoothオンにて測定。
※2:接続するデータコレクターがClass2の場合、HiPer VはClass2で動作いたします。
※3:電波法令の改正により、2022年12月1日以降はご仕様になれません。

※無線の申請手続きについては弊社販売会社、及び代理店へお問い合わせ下さい。

※測量性能の基準は、受信衛星数、障害物、基線長、マルチパス、基準局位置精度および環境条件により変わることがあります。

関連製品

△pagetop