検索
menu

ホーム > ポジショニング > TOPCON > 製品情報 > カテゴリ別 > GNSS > MILLIMETER GPS mmGPS

Positioning English

MILLIMETER GPS mmGPS

これまで土木・測量分野でのRTK測量及びマシンコントロール利用時の最大の問題点であった『高さ精度』の問題をトプコンが培ってきたGPS技術とレーザー技術の融合により、RTK測量時の高さ精度を飛躍的に向上させる画期的な技術『MILLIMETER GPS(ミリメーター・ジーピーエス)』が登場しました。

驚異の高さ精度を実現!

これまで土木・測量でのGPS利用には水平精度は非常に良いものの、『高さ精度』の問題が非常に大きく、利用シーンが限定されていたのが実情です。しかし、トプコン独自のレーザー技術『LASER ZONEテクノロジー™』を融合させる事により、RTK-GPS利用時に高さ精度をmmのオーダーにまで向上する事が可能になりました。さらにGLONASS対応受信機を使用すれば、より高精度で安定したRTK測量が可能になります。

手軽な組合せで高精度を実現

既知点にはゾーンレーザートランスミッター『PZL-1』を、移動側にはトランスミッターから発信されたレーザー光を受光可能な一般測量用『PZS-1』又はマシンコントロール用の『PZS-MC』をトプコン製GNSS受信機と組み合わせて使用すれば、高精度な3次元データを得る事が可能になります。

幅広レーザーで高さの変化にも対応

トランスミッター『PZL-1』から照射されるレーザーは単なる回転レーザーとは異なり、半径300m、高低の最大幅で10mを持つゾーンレーザーです。その範囲内であれば、受光側で高さの変化があっても、常に高精度な3次元データが得られます。

複数台同時使用でワイドなカバーエリア

トランスミッター『PZL-1』は最大4台まで同時使用が可能です。広大な現場でも直径2,400m、最大高低差40mというワイドなカバーレッジを誇ります。

多彩な設計データに対応可能なデータコレクタ『Pocket-3D』

『Pocket-3D』は土木施工専用のデータコレクタです。MILLIMETER GPSで一般測量を行う場合、各種設計データを下敷きに施工測量が可能です。基準点データを始め、DTMモデル(三角メッシュ集合体)やアライメントモデル(路線データ)、平面モデルを登録する事が可能です。グラフィカルな画面により設計データと観測者の位置関係や切盛り量が一目で確認可能です。

spec

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerはアドビシステムズ社より無償配布されています。


輸出規制ポリシー