検索
menu

ホーム > ポジショニング > TOPCON > 製品情報 > カテゴリ別 > セオドライト・レベル > デジタルレベル DL-500シリーズ

Positioning English

デジタルレベル DL-500シリーズ

  • スイッチ一発で高さと距離をデジタル表示!
  • 業界最速の測定時間2.5秒!
  • クラス最高の1km往復標準偏差0.4mm*
  • ウェービング機能搭載!
  • 比高測定機能搭載!
  • RABコードスタッフ採用
  • 逆さ読み対応で天端計測が可能
  • 内部メモリ搭載
    DL-502、BIS30A使用時

ボタン一発で測定!業界最速の測定時間2.5秒を実現

バーコードスタッフを視準し、測定ボタンを押すだけで高さ・距離・比高をデジタル表示します。通常の条件下での測定時間は2.5秒 以内と業界最速*。面倒なレベルスタッフの読み取り作業が不要になるとともに、個人の読み取り誤差や測定ミスを防止します。
*2010年5月現在

世界初!*1 ウェービング機能搭載*2

光学式レベルでの読み取り時にスタッフを前後に振り、最小値を読み取るウェービング測定にデジタルレベルとして世界で初めて対応しました。気泡管を使用しなくてもスタッフを振った時の高さの変化を自動的に読み取り、最小値を表示します。
*1 2010年5月現在
*2 測定可能距離 5〜50m

簡単なのに高精度!1km往復標準偏差0.4/0.6mm

DL-502:0.4mm(BIS30A)、1.0mm(BGS40A)
DL-503:0.6mm(BIS30A)、1.5mm(BGS40A)
DL-502は、ニュースーパーインバールRABコードスタッフBIS30Aとの組み合わせで、2級デジタルレベルとして業界最高の精度"0.4mm"を実現。シリーズ化により、水準測量から土木・建築まで用途と精度によって機種を選択可能です。

高い信頼性!ペンジュラム方式コンペンセータ採用

振動に強い磁気制動方式のペンジュラム(振り子)式コンペンセータを採用。常に振動にさらされる通行量の多い道路や橋などの測定でも安定した測定を可能としました。

天端測定可能! RAB コードスタッフ採用

バーコードとしてRABコード(RAndom Bi-directional code)を採用。レベル本体がスタッフの上下を判断可能となり、天端(天井面)からの逆向き測定に対応しました。構造物やトンネルでの天端の高さ計測に威力を発揮します。

豊富な測定機能!様々な場面で必要となる便利な測定機能を搭載

DL-500シリーズは様々な測定機能を搭載しています。標高測定・比高測定・水平出し測定・勾配設定・水平距離測設*・天端測定など現場で即活用できる便利なアプリケーションです。
測設メニューはDL-502にのみ搭載

標高測定

「標高測定機能」で後視点の標高を入力すれば、前視点の標高を自動計算表示します。また、「器械点移動」を選択すれば、もりかえ点の標高を後視点標高として記憶し、連続標高測定ができます。

勾配設定

「比高測定機能」で基準点との比高差を入力すれば、勾配設定が簡単に行えます。0.1mmまたは1mm単位で切り土・盛り土の測定ができます。

比高測定

「比高測定機能」を使えば、後視点との高低差を計算表示します。
0.1mmまたは1mm単位で測定できます。

天端測定

「比高測定機能」を選択し、測点の真下と天井にスタッフを当てて測定すると、自動的に測点の高さを表示します。さらに、「標高測定機能」を使って地面の標高を入力すれば、測点の標高が分かります。

内部メモリにデータ保存!テキスト形式での出力に対応

観測したデータは本体の内部メモリに保存されます。内部メモリは2,000点分の容量を持ち、記録されたデータはDL-500 TOOL*を利用してPCへ転送できます。転送されたデータはCSV形式ですので汎用性に優れています。
DL-500 TOOLはトプコンホームページ内ダウンロードサイトより入手いただけます。

spec

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerはアドビシステムズ社より無償配布されています。


輸出規制ポリシー