検索
menu

ホーム > ポジショニング > TOPCON > 製品情報 > カテゴリ別 > マシンコントロール > ショベルシステム

Positioning English

ショベルシステム

3Dシステム

2Dシステム

3Dシステム

3D-MG GNSS ショベル X-53i

3次元設計データを背景にリアルタイムにバケットの刃先位置を表示!
GNSSを使用したショベル用マシンガイダンスシステム

X-53i_001_J.jpg

設計通りにバケットを誘導

オペレータはモニターに表示される設計とバケット位置との差を常に確認しながら作業ができ、正確な作業が行えると共に作業負担が軽減されます。経験や感覚に頼っていた作業から、信頼性の高い確実な施工を実現します。丁張り設置もほとんど不要となり大幅にコスト削減できると共に、高効率な作業が可能になります。
バケット位置は常に画面に表示されるため、貯水池などの曲線の多い複雑な形状の掘削や刃先の見えにくい場所、水面下などでの作業においても設計通りの施工が実現します。

洗練されたユーザーインターフェース

大きくて見やすいタッチパネル、LEDインジケーター機能を搭載したコントロールボックスGX-55により、直観的な操作が可能です。

自動追尾トータルステーションにも対応

地下現場など、GNSS衛星からの信号が受信できない場所でも同様の作業性を実現するため、自動追尾トータルステーションを使用する『X-53i LPS』もオプションでご用意しています。

コントロール画面


X-53i_003_J.jpg

システム構成


X-53i_002_J.jpg

3D-MG GNSS ショベル 3Dxi

3次元設計データを背景にリアルタイムにバケットの刃先位置を表示!

刃先位置をガイダンス

オペレーターは、モニターに表示される設計と刃先位置(高さや勾配)の差を常に確認しながら作業ができ、オペレーターのペースで作業が可能です。

確実な施工を実現

水中切削や浚渫作業などバケットが目視できない作業でも、刃先位置の確認が容易に行えます。

ネットワーク型RTKにも対応

RTK-GNSSだけではなく、ネットワーク型RTKにも対応可能です。
  • グラフィック表示による高い視認性
shovel_002_J.jpg

コントロールボックスGX-60は視認性の高いカラーディスプレイを採用。オペレーターが一目で状況を把握できるグラフィック表示やタッチパネルによる優れた操作性を実現しました。

  • 掘削時
shovel_004_J.jpg shovel_003_J.jpg

あらゆる作業にご利用いただけるガイダンスを行います。画面の表示も必要な情報を選択して表示ができます。

  • 一目でわかる進捗管理
shovel_005_J.jpg

水中掘削等、刃先が見えない場所でも施工完了エリアを色で識別することができます。日々の進捗管理が可能です。

  • カスタマイズ可能な作業画面
shovel_006_j.jpg

個々のオペレーターが作業しやすい画面を自由に簡単に設定できます。

システム構成

shovel_007_J.jpg

2Dシステム

2Dショベルガイダンスシステム X32

掘削・法面整形に威力を発揮し、確実な施工を実現!!

X32_001.jpg

掘削作業で威力を発揮

水中掘削など刃先の見えない場所でも、設定した掘削深さに対するバケットの刃先位置の差をガイダンスします。感覚に頼っていた作業の確実性が高まるとともに、作業効率も格段に向上します。

複合勾配にも対応

複雑な形状の法面整形においても、X32は複合勾配に対応しているため、高精度な施工が実現します。刃先を置くだけで高さの確認が行えますので、検測員の安全性を確保できます。

3Dガイダンスシステムへシステムアップ可能

X32システムは、オプション品を追加することで3DガイダンスシステムX33へ将来的に拡張させることが可能です。
X32_003.jpg
  • 高輝度カラーLCD、使いやすいタッチパネル採用
  • コンパス機能(オプション)により方向を把握
  • 小型軽量で取付けが容易

システム構成

X32_004.jpg

簡易ガイダンス マシンシステム

レーザーを基準に高さをガイダンス。

dozer_010_J.jpg

シンプルガイダンスシステム

重機にはレーザーセンサーを取り付けるだけの簡単装備です。視認性の高いLEDによるガイダンスに合わせブレードの操作が可能です。

多彩なガイダンスが可能

ローテーティングレーザーのレーザー光による面を基準として、高さの上下を表示します。勾配設定が可能なローテーティングレーザーを使用することで、水平面に加え勾配面のガイダンスも可能です。

鉛直インジケータ

ブレードの鉛直度を表示する鉛直インジケータを利用すれば、施工後の点検等、オングレードマッチングを利用する際に効果を発揮します。

shovel_008_J.jpg
  • 鉛直インジケータ

センサーの前後左右の傾きを感知する、2軸チルトセンサーを内蔵。センサーの鉛直度をインジケータで表示します。ドーザーモードでは、ブレードの左右傾きを表示します。


システム構成

shovel_009_J.jpg


PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerはアドビシステムズ社より無償配布されています。


輸出規制ポリシー