検索
menu

ホーム > ポジショニング > SOKKIA > 活用事例 > GNSS > GNSS受信機活用事例(GSX2)

Positioning SOKKIA English

GNSS受信機活用事例(GSX2)

kusano_GSX2_main_J.jpg

トータルステーションとも現場データを共有、測量作業を飛躍的に効率化

草野作工株式会社様は、北海道江別市を拠点に「橋梁の草野」として名を馳せ、地域の発展に貢献されている総合建設業者である。同社は今回大規模な河川の改修工事を受注、現況測量の作業を効率化すべく、土木測量に特化したGNSS受信機GSX2と電子野帳プログラムSDR8シビルマスター+GNSSオプションを導入した。

見通しのきかない現場
簡単に効率的に測りたい

同社土木部 現場代理人の近藤亮太(こんどうりょうた)様に導入経緯から伺った。「弊社は既に自動追尾トータルステーションによるワンマン観測を行っており、作業効率の良さは認識していました。ただ今回の現場は、置き土場で見通しが利かない場所が多く、トータルステーションでは頻繁に器械点移動を行わねばなりません。もっと効率よく測量作業を行いたいと考えて、GSX2を導入しました」。
GSX2を選んだ理由は、視通の問題だけではない。「本体が小型軽量なことや、全てワイヤレス通信で設定も簡単、機材の少ないシステム構成というのも導入のポイントです。今までのGNSSのイメージは、重いポールを担ぐ、設定が難しいというものでしたが、GSX2はそんなイメージを覆すものでした」。

現況測量の効率が2倍へ向上
トータルステーションともデータを共有

GSX2の導入効果については、「見通しの悪い箇所でトータルステーションのワンマン観測を行った場合と比べるなら、同じ時間で2倍の測点が取れていると思います。視通の確保や器械点移動の必要が無い、加えて機動性も高い。GSX2には大満足です」。
作業効率だけでなく、観測精度についてもGSX2を評価いただいている。「実は、GNSSに対して3次元座標の精度に懸念がありました。今回、使っているうちに、土工に十分な精度が得られていることがわかり、今では土量管理にも使っています」。
そして、電子野帳プログラムSDR8シビルマスターで操作できるという点にも着目している。「SDR8シビルマスターは、トータルステーションのワンマン観測で使っていましたから、新しく覚える事も少なく、GSX2でもすんなりと使い始める事ができました。
GSX2とトータルステーションの両方で使えるということは、同じ現場内でどちらの測量機を使っても良い、データが共有できるということですよね?作業に合わせて測量機を選択できるのは、効率化に向けて大きなメリットになりますので、次回の現場ではぜひとも測量機の使い分けを試してみたいと思います」。

最新機器でVEを推進
全社のレベルアップを目指す

同社内でVE(Value Engineering)のリーダー的存在でもある近藤様は、さらに効率化を推進したい考えだ。「最近は、最新機器を積極的に使う仲間が増えて、情報交換によりお互いが向上できる環境になってきました。この輪をもっと広げて全社的なレベルアップを図りたいと思います」。

kusano_GSX2_001_J.jpg
kusano_GSX2_002_J.jpg

ユーザー名:草野作工株式会社
URL: http://www.kusanosk.co.jp
使用機種:GNSS受信機 GSX2
     電子野帳プログラム SDR8 シビルマスター + GNSSオプション
取材協力:株式会社測機社
URL: http://www.sokkisha.co.jp