検索
menu

ホーム > ポジショニング > SOKKIA > 製品情報 > カテゴリ別 > GNSS > GNSS受信機 Sokkia ATLAS

Positioning SOKKIA English

GNSS受信機 Sokkia ATLAS

  • 全ての衛星、全ての信号に対応
  • デジタル簡易無線内蔵
  • 最新のGNSSアンテナテクノロジー搭載
  • ホットスワップ対応バッテリー

効果絶大!マルチGNSS対応

マルチGNSSの効果、厳しい観測条件下でも安定した性能を発揮!

いつでも安心、快適受信!

マルチGNSSとすることで観測のパフォーマンスが大幅に向上します。特に中華人民共和国の運用するBeiDouはGPSに匹敵する衛星数を有し、GPSと同等の精度を提供します。
従来のGPS+GLONASS+QZSSにBeiDouを追加することで、劇的に衛星数を増加させることが可能となります。衛星の増加は、あらゆる面で観測パフォーマンスを向上させる効果を発揮します。

悪条件でも

  • Fix時間の短縮
  • 悪条件下でのFix維持能力の向上
  • 精度の安定性向上

新しい衛星トラッキング技術を採用

一般的な受信方式では信号ごとに受信能力を特化したチャンネルを用意する必要があり、全衛星全信号に対応するために特定のチャンネルを多数搭載する必要があります。
今回新しく採用する衛星トラッキング技術では、1つのチャンネルが各信号にフレキシブルに対応することが可能なため、コンパクトなチャンネル数でも、効率よく全ての衛星からの信号が受信可能です。

新トラッキング技術方式(コンパクトなチャンネル数で効率良く全ての衛星を受信)

充実した通信方式

インターネットを利用した通信手法

MAGNET Relay対応

マルチGNSSに対応するため、インターネットを利用した通信手法を提供。
  • 衛星数を気にする必要なし(全ての衛星データを送信できます。)
  • 広範囲での通信が可能
  • 無線同様に1台の固定局データを複数の移動協局で利用可能
※MAGNET Relayのご利用には、基準局、移動局毎にMAGNET Fieldの各GNSSパッケージ搭載のデータコレクタが必要です。さらにMAGNET EnterpriseとMAGNET Relayの契約ライセンスも基準局、移動局毎に必要となります。

無線アンテナを受信機の頭頂部に配置

デジタル簡易無線内蔵

送受信可能な無線が内蔵されていますので、移動局はもちろん基準局でも、外部に無線機を繋げる必要はありません。無線の到達距離を最大限に引き上げるため、無線アンテナを受信機の頭頂部に配置しました。

卓越したユーザーインターフェース

Sokkia ATLAS 構成

データコレクタSHC500用アプリケーションソフトウェア
(オプション)

ソフトウェアイメージ
  • SDR8 GNSS統合観測・SDR8 RTK移動局

SDR8 GNSS統合観測は、スタティック観測、RTK観測の固定局/移動局の全ての観測設定を行うアプリケーションです。ネットワーク型RTK観測にも対応しています。SDR8 RTK移動局観測は、その名の通り、RTK移動局設定に特化したアプリケーションです。ネットワーク型RTK観測のみご利用のお客様に最適です。
GNSS統合データ処理プログラムSS-PROと連動して、日本測地系2000に対応し、国土交通省国土地理院の定める作業規程の準則に則った公共測量が行ええます。

  • SDR8シビルマスター+GNSSオプション

土木現場での施工測量に最適な、土木用アプリケーションです。路線データを入力することにより、施工時の複雑な測量計算作業を現場で即座に対応することができます。GNSSとトータルステーションの双方に接続でき、接続の切替えも簡単。座標データを共通して使用することができます。監督さん.Vをお持ちのお客様は有償アップグレードができます。

ソフトウェアイメージ
  • MAGNET Field GNSS標準パッケージ

RTK観測、スタティック観測、ネットワーク型RTK観測をサポートします。固定局、移動局とも観測設定が行えます。トータルステーション、GNSSともに同じプログラムを使用するため、統一された操作性で観測が行えます(公共測量作業規程の準則に対応予定)。
MAGNET FieldはWebアプリケーションMAGNET Enterpriseを介し、フィールドとオフィスのデータ連携を可能とします。
また、MAGNET Relay機能によりインターネットを通信回線にしたRTK観測を行うこともできますので、衛星数が増えても全てのデータの送受信が可能です。

spec

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerはアドビシステムズ社より無償配布されています。


輸出規制ポリシー