検索
menu

ホーム > ポジショニング > SOKKIA > 製品情報 > カテゴリ別 > トータルステーション > オートジャイロステーション GYRO X II

Positioning SOKKIA English

オートジャイロステーション GYRO X II

  • トンネル工事の方向設定
  • 造船など閉塞空間での中心線設定
  • アンテナや送電線の方向設定

真北測定をいつでもどこでも

歳差運動の原理を応用したジャイロステーションによる真北測定は、他の観測方法に比べ周囲環境に制約を受けないことが特長です。いつでもどこでも、高精度な測定が可能です。

真北測定機器の比較

GYROXII_001_J.jpg

高い機動力

ジャイロ部の質量は4kg。トータルステーション、三脚を含めた装備一式を1人で持ち運べます。また、三脚もトータルステーション用を使用しますので、設置に特別な技術を必要とせず、素早く設置できます。

測定時間19分*

予備測定と本測定を行っても、19 分* で測定が完了します。当社従来のマニュアル機と比べ、大幅な時間短縮を実現しています。
* 予備測定は反転点2 点を測定する追尾測定、本測定は反転点3 点を測定する追尾測定または時間測定となります。また、測定時間はジャイロモーターの特性上、観測地の緯度により増減し、19 分は緯度35 度の場合です。

測定精度15"

指針の読み取りを画像処理化するとともに、独自のプログラムによるデリケートなモーター制御でオート測定が可能になりました。その結果、測定精度15"と、当社従来のマニュアル機から25%の高精度化を実現しました。

ヒューマンエラーを解消

オート測定ですから、指針の読み取り誤差や、時間測定のタイミング誤差など、測定に関わるヒューマンエラーが一切ありません。観測者の熟練度に左右されることなく、高精度で安定した結果が得られます。

簡単操作

1. ジャイロステーションをおおよそ北に向ける
2. クランプをリリースする
3. 測定ボタンを押す
たった3ステップの操作で測定ができますので、真北測定の初心者でも簡単に操作できます。

作業ストレスの少ない効率的な測定

当社従来のマニュアル機のように、指針を覗き続ける必要がありません。簡単操作と相まって、作業ストレスの少ない真北測定が行えます。
ベースとなるトータルステーションは、自動視準タイプのSX Seriesですから、真北測定後に行う測量も効率的に行えます。

spec

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerはアドビシステムズ社より無償配布されています。


輸出規制ポリシー