検索
menu

ホーム > 採用情報 > 働く環境 > 女性の活躍 > 女性の活躍

女性の活躍

トプコンでは性別は関係なく様々なことに挑戦し、能力・スキルを発揮して活躍することが求められており、実際に多様な部門、職種で女性が活躍しています。

 

 

活躍する女性社員にインタビュー

技術系

スマートインフラ技術 アイケア技術
検査・測定

営業スタッフ系

企画 マーケティング
法務 人事
情報システム



検査・測定
S.K.さん

現在の仕事内容は?

私は各種部品の検査を担当しています。部品の寸法や材料が図面通りであるか、材料が粗すぎないかなど、数種類の測定器を使用して検査を行います。また製品に不具合が生じた際は、その原因が疑われる部品の外注先と協働して、不具合の原因を追究し今後の対策を講じます。例えば購入した部品に不具合のあるものが混入することがあります。そのため不具合の部品が入ってこないように、時には外注先に直接出向いて検査や測定方法の確認や打ち合わせを行います。その他にも試作品の性能検査時に、期待される値を満たさないなど、設計・開発通りの性能が出ない時に、その原因が疑われる部品の測定依頼を受けることもあります。
私は昔からモノづくりに興味があったため、中学卒業後は高等専門学校(高専)に進みました。当時の授業で学んだ材料の知識は今も生かされています。金属加工の実習や、図面の設計も面白かったのでモノづくりに携わる仕事に就けてよかったと思っています。

やりがいを感じる時はどのような時ですか?

私が所属する検査部門が不具合部品を見逃してしまうと、製品の設計開発の途中で問題が発生してしまう可能性があります。つまり、私たちは高品質な製品を送り出すためには欠かせない「不具合部品の流入をせき止める」という役割を果たしているため、検査の仕事に責任感とやりがいを感じています。また、検査する部品によっては形状が複雑で、部品の置き方など測定方法を工夫しなければ正確に測定ができないこともあります。測定が困難な部品の測定方法を考え、うまく測定ができた時は充実感を覚えますね。
特に、1ミクロン(0.001mm)単位で測定できる3次元測定器で測定をする場合、3次元測定器に取り付ける測定子の組み合わせによっても、測定できる範囲が変わるため、それがうまく測定できたときは特に喜びを感じます。さらに数多くの測定器を使って測っていたものを、1つの測定器で測れるようにするなど、従来の複雑な測定工程から簡単な工程に改善・改良できた時は嬉しいです。測定を正確にかつ効率的に行うことは常に求められているため、測定工程の簡略化と測定時間の短縮は今後も心がけていきたいと思っています。

出産・育児休業から仕事に復帰する際、不安に思っていたことはありましたか?また復帰後、実際に仕事と育児を両立していくにあたり、工夫していることはありますか?

仕事に復帰する際は、やはり本当に育児と仕事を両立できるのかどうか、不安に感じていました。子どもが突然熱を出したりすると、仕事を抜け出さなければなりません。そのため、同じ職場のメンバーには自分の抱えている仕事を常に共有するようにしています。また効率的に仕事を両立できる様、家事では食洗機などを使用して、機械でできることは機械に任せ、育児の時間や自分の時間を確保するよう工夫しています。
第二子出産予定があるため、子どもが2人になることに少し不安があるのも事実です。しかし、職場の同僚は子育てにとても理解があり、子どもの体調不良等により急に早退しなければならなくなった時も、「いいよ、早く帰りなさい」、と言ってくれます。また有給休暇についても、必要に応じて適宜取得できるので、本当に助かっています。第二子を出産し育児休暇を取得した後も、職場復帰し育児をしながら、仕事に取り組みたいと考えています。

今後どのようなキャリアを積んでいきたいですか?また、ご自身がどのような存在になりたいとお考えですか?

今の仕事は自分に向いていると感じているため、今後も続けていきたいと思っています。とはいっても、測定器が新しくなるにつれ、新しい測定方法など考えなければならないことが増えていくので、今までの古い知識だけではうまく測定できない時もあります。新しい測定方法を知れば、より効率的にかつ正確に測定ができるようになると思いますので、セミナーに参加するなどして常に新しい知識を取り入れながら、今後も測定の業務に携わりたいですね。そして「測定」のことなら○○さんに聞けばいいと、測定のプロフェッショナルとして周囲から認められたいと思っています。