検索
menu

ホーム > トピックス > 三次元眼底像撮影装置 3D OCT−1000が2006年日経優秀製品・サービス賞 優秀賞 日経産業新聞賞を受賞

TOPICS English

トピックス : 2006年度

三次元眼底像撮影装置 3D OCT−1000が2006年日経優秀製品・サービス賞 優秀賞 日経産業新聞賞を受賞

日本経済新聞社主催による「2006年日経優秀製品・サービス賞」において、当社「三次元眼底像撮影装置 3D OCT−1000」が2006年日経優秀製品・サービス賞 優秀賞 日経産業新聞賞を受賞しました。

2月1日表彰式での横倉社長 表彰状

日経優秀製品・サービス賞」は、国内で販売している製品やサービスを対象に日本経済新聞・日経産業新聞・日経流通新聞(日経MJ)・日経金融新聞の4紙に掲載されたものの中から、技術開発性、価格対効果性、業績寄与度、成長性、独自性、産業・社会への影響度の6つの観点から選考され、2006年の選考では最優秀賞16点、優秀賞28点と審査委員特別賞1点の計45点が選出されました。
本製品は、日経産業新聞賞 優秀賞の「健康・医療」部門3点の中に選出されました。

3次元眼底像撮影装置 3D OCT−1000は、眼の奥にある眼底の状態を三次元の立体画像で映し出す装置です。今まで発見することが困難であった失明につながる網膜疾患の診断を飛躍的に向上させました。また、網膜診断には必須のカラー眼底カメラを融合したことにより、眼底撮影と同様の操作でOCT(Optical Coherence Tomography−光干渉断層計)の撮影が行えるようになりました。

三次元眼底像撮影装置 3D OCT-1000