検索
menu

ホーム > ポジショニング > SOKKIA > 製品情報 > カテゴリ別 > セオドライト・レベル > デジタルレベル SDL30 / SDL50

Positioning SOKKIA English

デジタルレベル SDL30 / SDL50


デジタルが実現したシンプルな操作性

SDL30_SDL50_001_J.jpg

スタッフにピントを合わせて、ボタンを押すだけ。高さ0.1mm、距離1cm単位の高分解能で自動測定します。さらに、測定時間は約2.5秒と高速です。

ソキア独自のRABコードスタッフ

SDL30_SDL50_002_J.jpg

ソキア独自のRABコード(RAndom Bi-directional code)を採用したスタッフ。光や影のムラに強く、距離測定にも有効です。また、天井からの高さを測るため、スタッフを逆さにしても使用可能です。レベル本体が、スタッフの向きを自動的に検出し、測定値をマイナス(-)で表示します。

2級水準測量が可能
(SDL30 + 1級A水準標尺BIS30A)

SDL30とニュースーパーインバールRABコードスタッフBIS30Aとの組み合わせは、1km往復標準偏差0.4mmと2級デジタルレベルとして業界最高の精度を実現。2級水準測量を行えます。

世界初*、ウェービング測定機能を搭載

SDL30_SDL50_003_J.jpg

従来、レベル観測の際に行っていた「スタッフを前後に振る」という観測法を、デジタルレベルで可能にしました。
最小値を読み取り、設置誤差を軽減します。
【測定範囲】
高さ:0.5 ~ 4m
距離:5 ~ 50m

* 2010年5月現在

測定データのメモリー

データ記録用のメモリーを標準で搭載。比高測定モード・標高測定モードで、測定データの記録が可能です。
記録点数は2000点。データは手入力もできます。
記録するデータの点番はもちろん、後視点・前視点・中間点など属性の設定、観測時の往路・復路の設定も可能です。データは最大20までのJOBに分けて記録でき、いくつかの現場の同時進行にも対応が可能です。

デジタルが生んだアプリケーション

比高測定機能、標高測定機能、測設機能など、今まで電卓で行っていた計算を本体で行うことができます。

SDL30・SDL50を用いた応用測定例

標高測定

SDL30_SDL50_004_J.jpg

「標高測定機能」を使えば、前視点の標高を自動計算表示。 後視点の標高を入力して測定開始。もりかえ点観測後、「器械点移動」を選択すれば、もりかえ点の標高を後視点標高として記憶します。
器械移動後、もりかえ点を後視にすれば、連続して標高測定ができます。

器械点をもりかえての比高測定

SDL30_SDL50_005_J.jpg

「標高測定機能」を使い、後視点標高を0mと入力すれば、後視点を基準とした高低差が測れます。
標高測定同様、器械点をもりかえて観測できます。途中に障害物がある場合や、広範囲での比高測定に便利です。

比高測定

SDL30_SDL50_006_J.jpg

「比高測定機能」を使えば、後視点との高低差を計算表示。
0.1mmまたは1mm単位で測定できます。

勾配設定

SDL30_SDL50_007_J.jpg

「比高測設機能」で、基準点との比高差を入力すれば、勾配設定が簡単にできます。

spec

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
Adobe Acrobat Readerはアドビシステムズ社より無償配布されています。


輸出規制ポリシー