板橋区と包括連携協定を締結

官民連携で地域経済の発展への貢献を目指す
2020.09.02

株式会社トプコン(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:平野 聡)と東京都板橋区(区長:坂本 健)は、持続可能な地域経済の発展を目的として、包括連携協定を締結しました。

本協定は、それぞれの資源を活用し相互が連携することにより、地域の持続的な発展及び活力ある地域産業に寄与することを目的としています。当社は創業以来長年にわたり本社を板橋区におき、産業振興や広報活動等において板橋区と協力関係を築いてまいりましたが、双方の強みやノウハウを活かした官民連携の確たる協力関係を維持し、これまで以上に板橋区の発展に寄与するため、この度包括的な協定を締結することに至りました。

当社の経営理念である、「『医・食・住』に関する社会的課題を解決し、豊かな社会づくりに貢献します」は、板橋区の基本構想・基本理念の基礎となる「『ひと・まち・みらい』が輝くまちづくり」というメッセージと共通した方向性をもっており、今後板橋区の発展のため協力関係を強化して参ります。

【取り組み内容】

  • 産業に関する事業協力(広報、展示、研修等)
  • 産業ブランド会議等への協力(委員、審査会等)
  • 都市農業等に関する協力(広報・展示等)
  • 区民の健康増進に関する協力
  • 施設や計測などに関する協力(点検、研修等)等
「包括連携協定」調印式(坂本 板橋区長(左)、平野 トプコン社長(右))