オートレフラクトメータ RM-8900/オートケラトレフラクトメータ KR-8900

デザインを一新し、被検者の圧迫感を低減
2008.07.10

この度当社は、「オートレフラクトメータ・RM-8900」と、「オートケラトレフラクトメータ・KR-8900」を発売いたします。
従来機から好評のトプコン独自の「ロータリープリズム測定方式」により、φ2.0mmの瞳孔径を安定した精度で測定でき、更に本機では電動上下動のアゴ受け台を採用し、デザイン及びカラーも一新しました。

特長
●検者・被検者の両者に優しい、’和みシェイプ’
従来機よりもヘッドを小さくしたことで、検査を受けられる方への圧迫感を大幅低減。検者、被検者間のスムーズなコミュニケーションを促す、’和み’の空間を造り出します。

●周囲にしっくり馴染む’Cloudy White’
どのような環境にもうまく溶け込むよう、ボディーには優しい’Cloudy White’を採用。柔らかな風合いでリラックスを促します。

●高精度ロータリープリズム測定方式採用
従来機の人気の秘密、トプコン独自の「ロータリープリズム測定方式」を搭載し、φ2.0mmの瞳孔径を安定した精度で測定することができます。この測定方式は、測定リングが偏心回転し、平均化して度数測定を行うため特定の部分の影響を受けにくく、測定が難しい瞳孔径の小さな眼、まつ毛の掛かる眼の測定や、ご年配の方の測定にも有効。エラーの発生も少なく安定した結果が得られます。

●投げ込み式プリンターペーパー
フタを開け、印刷ロールプリンターペーパーを入れるだけで、印刷用紙の交換ができます。

●ワイヤレス通信対応(オプション)

 ブルートゥースを利用したワイヤレス通信システムを採用。
測定データを、コンプビジョン(CV-5000等)やパーソナルコンピュータにエクスポート出来ます。煩わしい接続ケーブルの配線やICカードを気にすることなく、自在なレイアウトが可能になります。

仕様RM-8900KR-8900
球面屈折力-25D〜+22D(0.12D/0.25D ステップ表示)
円柱屈折力0D〜10D
(+又は−、0.12D/0.25D ステップ表示)
乱視軸方向0°〜180°(1°/5° ステップ表示)
但し、球面屈折力+円柱屈折力≦+22D、または球面屈折力+円柱屈折力≧-25D
測定最小瞳孔径φ2.0mm
PD測定範囲20〜85mm(1mmステップ表示)
外部接続端子USB(出力用)、RS232C(入出力用)
角膜曲率半径5.00mm〜10.00mm(0.01mmステップ表示)
角膜屈折力
67.50D〜33.75D
(0.12D/0.25D ステップ表示)
(角膜屈折率=1.3375とした時の換算値)
角膜乱視度0D〜10D
(+又は−、0.12D/0.25D ステップ表示)
角膜乱視軸方向0°〜180°( 1°/5° ステップ表示)
本体質量19.9Kg19.9Kg
本体寸法275mm(W)×509mm(D)×432〜462mm(H)275mm(W)×509mm(D)×432〜462mm(H)
電気的定格100V, 50-60Hz, 60VA100V, 50-60Hz, 75VA
医療機器届出番号13B1X00030RM890013B1X00030KR8900
その他RM-8900KR-8900
発  売平成20年7月
販 売 国全世界
販売目標初年度 6,000台/年 以上
国内価格(税別)140万円250万円