測量作業がはかどる次世代データコレクタ”FC-250″を国内で発売開始

快適な操作性を備えたマルチコネクションコントローラー
2010.02.09

株式会社トプコン(本社:東京都板橋区、取締役社長:横倉 隆)は、高速CPUとオペレーティングシステムとして最新のWindows Mobile® 6.5を搭載した測量用次世代データコレクタFC-250を発売しましたのでお知らせいたします。

データコレクタは、測量作業や建設・土木工事で使用されるGNSS受信機(*1)やトータルステーション(*2)のコントローラーとして使用するハンディータイプのデバイスです。アプリケーションソフトウェアとの組み合わせにより、測量機器をコントロールして現場での観測(計測)を行い、その観測データを保存できます。また、設計データを予めデータコレクタに取込んでおけば、現場に設計座標の位置を復元することが可能です。データコレクタにより、観測およびデータ保存が容易になり、測量作業を効率的に進めることができます。

FC-250は見やすい3.7インチタッチパネルのディスプレイ、Bluetooth®や無線LAN機能による測量機器とのケーブルレスなデータ通信、豊富なインターフェイス、および過酷な現場環境に耐えうる耐環境性能を備え、当社従来機の高機能を継承しつつ、新たにWindows Mobile® 6.5オペレーティングシステムと806MHzの高速CPU、256MHzのSDRAMおよび1GBのフラッシュメモリとの組み合わせにより処理能力を向上させ、現場作業において、スピーディーで快適な操作を実現しました。

例えば、イメージングステーションIS(*3)と本機の組み合わせでの観測においては、無線LANを介してリアルタイムに離れた場所に設置されたISの視準画像を本機のディスプレイに表示し、画像上でのコントロールや観測データおよび設計データの合成表示を行うこともできます。こうした負荷の高いデータ処理においても処理能力の向上により、レスポンスの向上が計られ、スムーズな操作性によるイメージワンマン観測(*4)を実現します。

測量現場においてFC-250はこれまでにない機能と操作性の充実で作業の効率化を実現します。

開発の背景
トプコンは次世代のデータコレクタの開発に当たり、現場の作業効率を向上させるための機能と性能の向上に注力しました。FC-250はトプコンのGNSS受信機やトータルステーションおよびイメージングステーションにマルチに、そして簡単に接続でき、直感的な操作性を提供するとともに、厳しい現場環境においてもコントローラーとして最高のパフォーマンスを発揮できることを目指しました。

特長

  • 3.7インチVGAカラータッチパネルディスプレイを採用
  • 無線LANを内蔵
  • RS-1 SS無線オプション
  • SD/SDHCおよびCFカードスロット搭載
  • USBおよびシリアルコネクタを装備
  • 防塵・防水規格IP66の保護等級で高い耐環境性実現

主な仕様

CPUMarvel PXA320 806MHz
OSMicrosoft Windows Mobile® 6.5
メモリSDRAM 256MB, Flash Memory 1GB
ディスプレイ3.7インチTFTカラーLCD 640×480VGA
キーボード7キー(POWER含む)
インターフェイス無線LAN 802.11b/g
RS-1 SS無線オプション
Bluetooth® Ver.2.0 Class2
USB(Type A), USB(Type Mini-B)
CFカードスロット (Type I / II)
SDカードスロット SDHC対応(但し、スピードはSDと同等)
耐水性および耐じん性JIS C0920 保護等級IP66
使用温度範囲-20℃〜+50℃
使用時間約10時間(Bluetooth使用時:約8時間、無線LAN使用時:約6時間)
寸法H196×W107×D61mm
質量0.7Kg(バッテリー含む)

FC-250に対応したアプリケーション

  • 基本観測
  • 基本観測+簡易横断
  • 監督さん.V
  • Pocket-3D
  • GNSS統合観測
  • RTK移動局観測

その他
発売:2010年2月    
国内標準価格:357,000円(消費税込み)

用語解説
(*1)GNSS受信機:測位衛星(米国のGPS衛星、ロシアのGLONASS衛星)からの信号を受信し座標情報を取得する装置
(*2)トータルステーション:レーザー光や近赤外光を利用し対象物との距離や水平・垂直方向の角度を計測し、座標の計算や記録が行える電子式測量機
(*3)イメージングステーション:デジタルカメラを搭載し、モーターで駆動する自動追尾機能付トータルステーション
(*4)イメージワンマン観測:通常、トータルステーションで測量を行う場合、視準側(測量機側)とプリズム側の二人の作業者で行う作業を無線LANを介して画像を表示し、遠隔コントロールすることにより、一人(ワンマン)で行う測量作業方式

商標について
※Windows Mobile®は、米国・マイクロソフトコーポレーションの米国およびその他の国における商標です。
※Bluetooth®は、Bluetooth SIG, Inc.の登録商標です。