眼科用レーザ光凝固装置 PASCAL 黄色と赤色の2色レーザ搭載モデル Synthesis TwinStarを追加ラインナップ

2014.06.25

株式会社トプコン(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:平野聡)は、従来に比べ短時間で低侵襲且つ患者さんの疼痛を軽減*1した光凝固により高い評価を受けている眼科用パターンレーザ光凝固装置PASCAL® に、白内障などの中間透光体に混濁がある場合に影響を受け難い638nmの赤色レーザ*2を装備したモデル「Synthesis TwinStar」を追加ラインナップいたしました。
Synthesis TwinStarは黄色(577nm)と赤色(638nm)の2色を搭載し、PASCAL®シリーズは、黄色又は緑色の単色レーザ搭載モデル、黄色+赤色*2の2色のレーザを搭載したモデルの計3種類から選択いただけます。
*1治療後の患者さんへのヒアリングによる
*2レーザ波長はいずれかを選択。赤色レーザはスポット照射のみ。

眼科用レーザ光凝固装置 PASCAL® Synthesis TwinStar

販売名眼科用レーザ光凝固装置
PASCAL® Synthesis TwinStar
レーザ発振波長2色のレーザを搭載
(黄色レーザ 577nm, 赤色レーザ 638nm)
医療機器承認番号22500BZX00470000
製造販売業者株式会社トプコン
外国製造業者トプコンメディカルレーザーシステムズ社(米国)
Topcon Medical Laser Systems, Inc.
受注開始2014年6月末
発売予定2014年9月初旬

【特長】

■黄色と赤色の2色レーザを搭載
従来に比べ短時間で低侵襲且つ患者さんの疼痛を軽減*1した光凝固により高い評価を受けている眼科用パターンレーザ光凝固装置PASCAL® に、白内障などの中間透光体に混濁がある場合に影響を受け難い638nmの赤色レーザ*を装備したモデルをラインナップに加えました。Synthesis TwinStarの黄色(577nm)と赤色(638nm)の2色のレーザが光凝固治療に貢献します。
*赤色レーザはスポット照射のみ

■安定と高速を両立したパターン形成とフラットな照射スポットを実現

他のPASCAL®シリーズと同様に、Synthesis TwinStarも次の照射スポットへ瞬時に誘導することができ、パルス間隔1msec以下の高速パターン形成と従来型レーザで出力の際に生じるエネルギームラを軽減できます。

また、設定可能なスポット径に対して、それぞれ独立した個別のファイバーを採用することにより、すべてのスポット径で深い焦点深度を確保することが可能となり、均一で鮮鋭なエッジの照射痕をパターン*内すべてのポイントで実現します。
*黄色レーザ使用時

眼科用レーザ光凝固装置 PASCAL Synthesis 製品紹介ページ