ESG投資指数であるFTSE Russellの構成銘柄に選定

ESG(環境・社会・ガバナンス)の対応に優れた日本企業によって構成される投資指標として
2022.04.12

株式会社トプコン(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:平野聡)は、この度FTSE Blossom Japan Sector Relative Indexの構成銘柄に選定されました。

英国のグローバルインデックスプロバイダーであるFTSE Russellにより構築されたFTSE Blossom Japan Sector Relative Indexは、各セクターにおいて相対的に、環境、社会、ガバナンス(ESG)の対応に優れた日本企業のパフオーマンスを反映するインデックスで、セクター・ニュートラルとなるよう設計されています。また低炭素経済への移行を促進するため、特に温室効果ガス排出量の多い企業については、TPI経営品質スコア*により改善の取り組みが評価される企業のみを組み入れています。

同Indexの詳細につきましては、以下のリンクをご参照ください。
https://www.ftserussell.com/ja/products/indices/blossom-japan

* TPI経営品質スコア:
Transition Pathway Initiative(TPI)による、企業の温室効果ガス排出量および低炭素への移行に関連する機会とリスク管理の質を評価するスコア

FTSE Blossom Japan Sector Relative Index

当社は、『「医・食・住」に関する社会的課題を解決し、豊かな社会づくりに貢献します。』という経営理念の下、「眼健診(スクリーニング)の創出」、「農業の工場化」や「建設工事の工場化」といったDXソリューションの実現を通し、サステナブルな社会づくりに取り組んでおります。

今後も、世界中の人々の豊かな生活に欠かせないエッセンシャルな事業領域である「医・食・住」の社会的課題解決への取組みを推進すると同時に、ESG諸課題への対応と開示の強化に努め、企業価値の更なる向上に努めてまいります。

当社のサステナビリティについての取組み
https://www.topcon.co.jp/sustainability/

FTSE Russell社については、下記をご参照ください
https://www.ftserussell.com/ja/about-us