測定距離500m*を実現、新たにロングモードを追加した3次元レーザースキャナーGLS-1500をリリース。

2012.02.07

当社は、最長500m*の測定が可能となる長距離測定モードを搭載した3次元レーザースキャナーGLS-1500を2012年1月より発売いたしました。

3次元レーザースキャナーGLS-1500(以下、GLS-1500)は、測量・土木・計測分野向けに対象物の3次元点群データを取得する、スタンドアローンタイプの計測装置です。今回、従来の測定距離330mをノーマルモードとし、最長500m*まで測定できるロングモードを新たに搭載しました。トプコン独自のプリサイススキャン技術による高精度な3次元点群データの取得と、ロングレンジスキャンニングを両立した新しいGLS-1500は、これまで以上に実用性能を向上しています。
最長500m*の長距離に及ぶ非接触での計測を実現したことにより、例えば、災害や事故の調査において、実地検分時の現況の記録やそのデータを活用した3次元シミュレーションの検証などに役立てたり、マイニング現場における採掘量計測、河川・ダム・堤防の計測など、作業の安全性を確保しつつ効率の良い計測作業を可能としています。

他にも路面形状計測、構造物調査、建築物の現況図面作成、遺跡・文化財調査など、高精細なデータを必要とする幅広い分野でも活用が見込まれ、計測作業効率の向上に貢献します。

なお、既存のGLS-1500から今回の長距離タイプへのアップグレードを有償にて対応します。詳細情報につきましては、製品ご購入店もしくは弊社販売会社までお問い合わせください。

【主な特長】

  • ロングレンジ測距モードを搭載 500m*
    従来の高精度なノーマルモードに加え、最長500m*まで測定できるロングモードを用意しました。用途に応じて2つの測定モードから選択が可能です。
  • 高速スキャニング 30,000点/秒
    高密度なピッチ間隔でも、スピーディーなデータの取得が可能です。
  • トプコン独自のプリサイススキャン技術による低ノイズデータ
    観測した対象物の質感を再現する、優れたスキャニング技術を搭載しています。
  • 機動力の高いスタンドアローン設計
    本体にディスプレイ、キーボード、ジョグ、照星照門、バッテリー、SDカードスロットを装備し、スタンドアローンで観測が可能です。
  • 観測から後処理まで、軽快な点群処理を実現するScanMaster Ver2.6(オプション)
    PCから無線LAN接続でGLS-1500を遠隔操作したり、ノイズの除去やエッジの自動検出など計測データの簡易な処理が可能です。
    *反射強度90%の場合

【その他】
発売時期:2012年1月