検索
menu

ホーム > ニュースリリース > 3D設計データ作成支援サービスを開始! i-Constructionの推進を強力にサポート

News Releases English

ニュースリリース : 2018年度

3D設計データ作成支援サービスを開始! i-Constructionの推進を強力にサポート

株式会社トプコン(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:平野 聡)の100%子会社で、日本国内でポジショニング機器販売等を行う株式会社トプコンソキアポジショニングジャパン(本社:東京都板橋区、取締役社長:田中俊太郎)は、3D点群データの処理サービスの業務内容を拡充し、新たに設計データの作成サービスを開始いたします。

国土交通省が推進する『i-Construction』ではICT技術の活用、すなわち3次元設計データが必要不可欠です。しかしながら、3次元設計データの作成は専門的な知識や経験が必要であり、かつ多くの時間や手間が掛かる業務です。

そこで、株式会社トプコンソキアポジショニングジャパンは、従来の3D測量で取得したデータ処理業務に加え、3次元設計データの作成サービスを追加いたします。

手間と時間が掛かる複雑なデータ処理・3次元設計データ作成業務をアウトソーシングすることにより、お客様の働き方改革にも貢献できると考えます。トプコングループでは今後もサービスの拡充を図り、i-Constructionの普及に向け更なる支援を行ってまいります。

※ i-Constructionは、国土交通省国土技術政策総合研究所の登録商標です。

【追加するサービス】*1
■ 3次元設計データ作成サービス
お客様よりお預かりした平面図・縦断図・横断図などの2次元図面から、3次元設計データを作成します。

2次元図面から3次元設計データを作成


■ データクリーニング / TIN作成サービス
当社の3D点群処理ソフトウェア『MAGNET Collage』を使用して作成した3D点群データのノイズを除去し、より正確な形状の3D点群データを作成します。また、土量計算・出来形管理やICT施工におけるマシンガイダンス/マシンコントロールシステムで利用可能なTINデータを点群データから作成します。

ノイズ除去
データクリーニング

TIN作成
TIN作成



■ 3次元出来形ヒートマップ作成サービス

201810_3d_data_004.jpg

お客様よりお預かりした3D点群データおよび3次元設計データから、出来形検査のためのヒートマップを作成します。



*1 サービスの対象は、既に『MAGNET Collage』を導入いただいているお客様に限定いたします。

【サービスの流れ】

201810_3d_data_005.jpg



【補足説明】

■ TIN

Triangulated Irregular Network の略。数値地形モデルの作成にあたって、対象物の形状を連続した三角形の格子で表現する方法のことです。



■ マシンガイダンスシステム(MG)

GNSS受信機やトータルステーションにて取得した測位情報と、本体に取り付けた角度センサーにより建機本体の位置をリアルタイムに把握し、設計に対する施工状況を視覚的にガイダンスするシステムです。キャビン内に装着したモニターに表示される情報を参照しながら建機を操作することで、設計データ通りの施工が可能となります。



■ マシンコントロールシステム(MC)

マシンガイダンスで使用する位置情報の取得技術に加え、油圧制御技術を用いることで、設計データに合わせた制御を可能とするシステムです。オペレーターの熟練度に左右されず、誰でも安定した高精度な施工が可能となります。



【その他】

サービス開始時期 :2018年10月

国内標準価格(消費税込み) :

データクリーニング/TIN作成サービス 302,400円 ~
3D設計データ作成サービス 345,600円 ~
3D出来形ヒートマップ作成サービス 345,600円 ~


3Dデータサービス 紹介ページへ