検索
menu

ホーム > ニュースリリース > 経済産業省が定める「DX認定事業者」に選定

News Releases English

ニュースリリース : 2021年度

経済産業省が定める「DX認定事業者」に選定

~「医・食・住」の社会的課題をDXソリューションで解決~

株式会社トプコン(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:平野 聡)は、企業のデジタルトランスフォーメーションの促進を目的として経済産業省が定めるDX認定制度に基づく「DX認定事業者」に選定されました。

dx_certifi_logo_jp.jpg   dx_certifi_logo_en.jpg

【「DX認定制度」 概要】

「DX認定制度」とは、2020年5月15日に施行された「情報処理の促進に関する法律の一部を改正する法律」に基づき、経営とシステムのガバナンス状況の優良な企業を国が認定し、日本全体の「デジタルトランスフォーメーション」(DX)を促進することを目的とした認定制度で、ビジョンの策定や戦略・体制の整備を行い、DX推進の準備が整っている事業者が認定されます。

2021年5月1日までに98社が認定を受けました。

【当社のDXに関する取り組み】

当社は経営理念に『「医・食・住」に関する社会的課題を解決し、豊かな社会づくりに貢献します。』を掲げ、それぞれの分野における社会的課題に対し、DXソリューションで解決を目指す取り組みを「第三次中期経営計画」に掲げ推進しています。

「医」(Healthcare)の分野では、世界的な高齢化に伴う眼疾患の増加に対する、眼健診(スクリーニング)の仕組みつくり、「食」(Agriculture)の分野では、世界的な人口増加に伴う食糧不足への懸念に対し、「農業の工場化」で営農サイクルを一元管理するソリューション、また「住」(Infrastructure)の分野では、世界的なインフラ需要に伴う技能者不足に対し「建設工事の工場化」でワークフローを一元化するソリューションを提供しています。

当社の事業領域である「医・食・住」の分野はどれも大きな産業にもかかわらず、IT化・自動化が遅れています。トプコンは光学やセンシング、制御などの独自技術をベースに、さらにIoT・ネットワーク技術を駆使したDXソリューションで、社会的課題の解決に取り組み、また国連で採択されたSDGsにも合致した活動を通じて社会の発展に貢献して参ります。

=関連リンク=

■第三次中期経営計画

https://www.topcon.co.jp/invest/library/meeting/mid_plan/

■トプコンのデジタルトランスフォーメーション

https://www.topcon.co.jp/about/dx/index.html

*DX:Digital Transformation

企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。