検索
menu

ホーム > トピックス > 『TSトラッキングUAS』、新たに国産ドローンが追加対応

TOPICS English

トピックス : 2021年度

『TSトラッキングUAS』、新たに国産ドローンが追加対応

エアロセンス株式会社製「エアロボTSトラッキング(AS-MC03-TS)」

当社のトータルステーションでドローンを自動追尾することで世界で初めて*1標定点*2を不要とし大幅な省力化を実現する空中写真測量システム『TSトラッキングUAS』は、国土交通省の3次元計測技術を用いた出来形管理要領(案)に対応したカメラ位置を直接計測できる写真測量システムです。また、国土交通省が推進するNETIS(New Technology Information System: 新技術情報提供システム)にも登録*3されており、i-Constructionでの用途に限らず、様々な測量/建設現場において、高精度、高効率な写真測量を提案しています。

この度、この『TSトラッキングUAS』に、国産ドローンであるエアロセンス株式会社製の「エアロボTSトラッキング(AS-MC03-TS)」が対応機種として追加されることになりました。

TSトラッキングUASイメージ

「エアロボTSトラッキング(AS-MC03-TS)」の主な特長

AS-MC03-TS

「エアロボTSトラッキング(AS-MC03-TS)」は、エアロセンス株式会社が自社で開発設計し、国内工場で製造される国産ドローンとして、測量用に最適化された回転翼ドローンです。機体本体は、様々な環境下での動作を想定し、IP43レベルの防水・防塵設計となっており、ソニーグループ*のノウハウを活用し、様々な信頼性試験で基準を満たした機体となっています。また、ソニーのミラーレス一眼カメラと高性能なレンズ、およびジンバル機構を備え、高精細で高精度な写真測量を実現します。
さらにエアロセンス株式会社は、販売からトレーニング、アフターサービスまで一貫したサポート体制を提供し、測量/建設現場でドローンを効率よく安全に活用できるよう支援しています。
* エアロセンス株式会社は、ソニーグループ株式会社のグループ会社です。

  • 発売開始時期:2021年10月

「エアロボTSトラッキング(AS-MC03-TS)」に関するお問い合わせ

エアロセンス株式会社
東京都文京区小石川五丁目41番10号
TEL: 03-3868-2551
Email: contactus@aerosense.co.jp

>>エアロセンス株式会社の詳細は、こちらをご覧ください。

TSトラッキングUASの主な特長

『TSトラッキングUAS』は、ドローンに搭載したカメラに専用のプリズムを取り付け、自動追尾型トータルステーションで連続測定することで、カメラ位置を直接計測できる手法です。本システムにより、これまで必須だった標定点の設置や計測が不要となり、従来に比べ最大6倍*4の作業効率の向上が図れます。なお、本システムは当社にて特許が取得されています。

従来との比較

*1 トータルステーションでカメラの位置を測定するシステムとして。2021年9月現在、当社調べ。
*2 標定点とは、撮影時のカメラの位置や姿勢、隣り合う写真の相互関係、写真と撮影地域の3次元座標系との対応を求めるために用いる、地上に設置した基準点のこと。
*3 NETIS登録番号KT-170064-VE「移動体計測技術を用いたUAV空中写真測量システム」、NETIS登録番号KT-170034-VE「3Dテクノロジーを用いた計測及び誘導システム」
*4 当社検証結果による。

※ i-Constructionは、国土交通省国土技術政策総合研究所の登録商標です。
※ AEROBO®(エアロボ)はエアロセンス株式会社の登録商標です。

写真測量システム TSトラッキングUAS 製品紹介ページへ(TOPCONブランド)

写真測量システム TSトラッキングUAS 製品紹介ページへ(SOKKIAブランド)