トプコンでは、2006年から内部通報制度を設け、リスク・コンプライアンス情報(法令や社内規程で禁止されている行為、社会通念に反する行為、もしくは、その疑いがある行為などの情報)の早期発見とその是正に努めています。
これは職制を通じたルートとは別に、直接担当部門(経営監査室)に連絡できる制度です。
経営監査室は、内部通報に関し、リスク情報の早期発見及び迅速・適切な通報内容への対応を行っています。
また、国内外のグループ会社において、それぞれ同制度を設けるなど、毎年制度の整備を拡大し、グループ一丸となってコンプライアンス経営を推進しています。