農薬や肥料の量を抑え環境にも貢献

2022.10.31

ニュージーランドのリンカーン大学との共同研究で、レーザー式生育センサーで作物の生育状態を測定し、そのデータをもとに肥料の散布量を調節する実験を行いました。
その結果、一定の収穫量を維持しながら肥料の散布量を最大30%削減できることが実証されました。

過剰な肥料や不適切な農薬の散布は、河川や地下水の環境悪化を招く可能性があります。レーザー式生育センサーを活用することで、食糧の安定供給・飢餓の解消に貢献するほか、農薬が及ぼす環境への負荷低減にもつながります。

ニュージーランドの牧草地
測定したデータは運転席に設置したディスプレイで管理

検索

Search