光学をベースに新たな価値を提供

創業以来培ってきた光学技術をベースに測量と眼科医療機器の分野で画期的な製品を生み出してきました。
また、いち早くその目を海外へ向け、M&Aやアライアンスを通じさまざまな技術の融合を進め、建設工事や農業の自動化、眼科スクリーニングなど最先端かつ独創的な製品を提供することにより「技術のトプコン」として高い評価を受けています。
トプコンは、医・食・住の社会的課題を解決する、という使命を果たすため、未知の技術開発に挑戦し続けます。

コアテクノロジー


  • 光学設計

    光学設計

    Sensor to AIを実現するためのセンシング技術の肝となるレンズ設計・薄膜技術を保有し、光学計測システム全体を⾼度に最適化する光学設計を⾏います。特殊薄膜塗布技術、量産技術、特殊加⼯技術などを駆使しながら、リアルワールドに配置される光学センサーを創り出します。

  • GNSS (全地球測位システム) 技術

    GNSS (全地球測位システム) 技術

    地球をとりまく測位衛星からの信号を確実に捕捉する当社独⾃のVanguard TechnologyTMは、GPS、GLONASSのみならず、QZSS(準天 頂衛星)、Galileo等、全ての測位衛星に対応します。⾼速・⾼精度な測位を実現するために、452チャンネルの受信能⼒を装備し、⾼感度かつ安定した受信を可能にしました。数mmの測位精度により、測量のみならず⼟⽊施⼯、IT農業まで幅広く活躍しています。

  • 光センシング・応⽤光学

    光センシング・応⽤光学

    測量機に⽤いられている測距技術は、レーザー光を測定対象まで往復させた時間を精密に測定することにより、mmオーダーの距離精度を実現、⾼精度な3D位置計測を⽀えています。また、分光技術を応⽤し農作物の育成状況を⾮接触で計測する技術は、リアルタイムに肥料の散布量を制御し、収穫物の生育や品質を均⼀化するIT農業の推進⼒となっています。

  • 制御技術

    制御技術

    ⾼精度な3D位置計測技術を基軸とし、精密な油圧コントロール技術を組み合わせて、3次元設計データに基づき建機のブレードやバケットの⾃動制御を可能にしました。また、IT農業では位置情報と電動ステアリングとの組み合わせで、農機の⾃動⾛⾏を実現し、農作業の効率化に⼤きく貢献しています。

  • 3次元眼底精密検査

    3次元眼底精密検査

    光学センシング、眼光学、画像処理技術の集⼤成として、3D OCT(光 ⼲渉断層計)を世界で初めて商品化。従来の眼底カメラ機能に加え、眼底の微細な3次元構造を瞬時に映し出す技術を開発し、眼科検査・診断の新時代を拓きました。また、網膜だけでなく硝⼦体や脈絡膜まで撮影することが可能で、疾患の進⾏の度合いや疾患機序の解明の研究⽤途にも幅広く活⽤されています。

  • Sensor to AI

    新たな価値の創造 "Sensor to AI"

    世界中で注目されている人工知能= AI。トプコンは高性能センサーとAIを一体として実装する「Sensor to AI」をコンセプトに技術開発を進めています。トプコンの基軸である光学技術を活かした高性能センサーにより、リアルワールドのデータが持つノイズやゆらぎなどを抑制し、安定した高精度の情報収集を可能にします。「センサーとAI」を一体として開発できるのは、トプコンならではの特長です。